せどり

.

せどりとは

せどりとは

中古品を扱うチェーン店、家電量販店、ディスカウントストア、大型スーパー、ホームセンター、アウトレット、リサイクルショップなどの小売店舗

ワゴンセールに並ぶ処分品やセール品、値付けが甘い商品を新品、中古問わず安く仕入れ

アマゾンやヤフオク、メルカリ、ebayといったECサイトで高く売って、利益を得る物販ビジネスのことです。

仕入れる商品(ジャンル)

  • 本や漫画、雑誌
  • CDやDVD
  • おもちゃ
  • ゲームソフト
  • 家電
  • カメラ
  • 洋服や靴、バッグ
  • ベビー用品
  • ペット用品

など多岐にわたります。

文字だけで説明してもイメージが湧きづらいと思ったので、

実際に店舗で、せどり(仕入れ)をしてきました

せどりの実際の仕入れは?やり方の流れは?


今回はヤマダ電機で仕入れをします。

到着して1分も経たないうちに、さっそく入口近くで「大処分蚤(のみ)の市」というワゴンセールを見つけました。

こうしたカゴワゴンに入っている商品の中には、比較的安い商品がそろっているので狙い目です。

↓↓↓


定価5,000円、アメリカの人気歌手ブリトニー・スピアーズがプロデュースした香水が780円で処分品として売られています。

↓↓↓


仕入れができそうな商品を見つけたら、無料で使える「モノレート」というサイトで、型番や商品名を検索するとアマゾンでの価格推移を確認できます。

この商品は、最安値でも平均2,207円ほどで売れていることが分かります。

↓↓↓

せどりで仕入れた商品は本当に売れるの?


モノレートでは価格の推移だけでなく、その商品の売れ行きも確認できるため、本当に売れるかどうかを仕入れる前に判断することができます

モノレートで「ランキングの波形が下がる」=「その商品が売れたことを意味する」ため

直近3ヶ月でこの商品の波形が下がった回数=23個程度1ヶ月7〜8個売れている商品であり、売れる見込みやスピード感(回転率)も悪くないことが分かります。

↓↓↓

せどりは本当に稼げるの?

Amazonで現在の出品状況を見てみると、送料込みの最安値が2,800円であるため、Amazonへ支払う手数料などを加味しても、1個1,000円〜1,200円ほどの利益

今回はワゴンセールで並んでいた同じ商品を5個仕入れたので

わずか5分ほどのリサーチで、トータル5,000〜6,000円の利益を確保することができました。

仕入れた商品は、ダンボールに入れてアマゾンの倉庫に送っておけば、在庫の保管や発送、クレーム処理なども全てアマゾンが自動で代行してくれるので、あとは売れるのを待つだけとなります。

※なお、香水はアマゾンの倉庫(FBA)を利用する際に、事前のWEBセミナー受講や申請が必要な商品ジャンルであるため、ライバルが少ないニッチな分野の一つでもあります。

……でも

なんで、せどりで利益が出るの?

ヤマダ電機やドンキホーテなど、オフラインの小売店舗は

商品を並べるスペースに限りがあるため、一定期間ごとに古い商品と新しい商品の入れ替えが行われます

このタイミングでは、利益を出すことよりも在庫の処分が優先されるため、入れ替え商品は処分品やセール品として

80〜90%OFFなど、二束三文で投げ売りされます

一方で、ヤマダ電機やドンキホーテでは投げ売りされている商品であっても、東京ドーム12個分以上の巨大な倉庫(保管スペース)を持ち

実質的に在庫処分の必要がないアマゾン(などのECサイト)では、全く同じ商品が値崩れせず取引され続けます

  • 小売店舗で投げ売りされている処分品を仕入れ
  • それをまだ値崩れしていないネット上で販売する

せどりは、この差額分を利益として稼ぐことができるというワケです。

せどりと転売ヤーとは違うの?

…ちなみに「せどりと転売ヤーとは違うの?」という疑問にも答えておくと

「せどり」も「転売」も本質的には、右から左へと物を流して、あくまで価格差(価値の差)を埋めるもの

両者に大きな違いはありません

実際、「せどり」という言葉の定義を調べてみると

【背取り】古本屋仲間の店頭から本を、転売目的で抜いて買うこと。それをする仲買人。
(参考:Google検索

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。
(参考:Wikipedia

古書業界で、転売を目的として同業者や愛好家から古書を買い取ること。特に、掘り出し物を見つけて高く転売すること。
(参考:デジタル大辞泉

とあるように「せどり」という言葉の説明の中に「転売」という言葉が使われていることからも、両者は、ほとんど同じような意味として用いられていることが分かります。

せどりのメリット

利回りが高い

せどりの一番メリットと言えば、やはりその利回りの高さです。

実際、「せどりは本当に稼げるの?」の中でも

1個800円✕5個=4,000円で仕入れた香水を
1個2,800円✕5個=14,000円でAmazonで売ることで

Amazonへ支払う手数料などを加味しても

わずか5分ほどのリサーチで、トータル5,000〜6,000円の利益を確保できる

という話を紹介しましたが

仕入れに使った(投資した)4,000円が、プラス(利益)6,000円で2.5倍の1万円になるわけで

その利回りは、150パーセントを超えてきます

この利回りを他の投資や金融商品と比較してみると…

投資先

優良と言われる利回り

4,000円の投資で得られる利益

定期預金

0.3〜0.4%

12〜16円

株式投資

8%

320円

FX

8%

320円

不動産投資

8〜15%

320〜600円

せどり

150%

6,000円

など

株式投資、FX、不動産投資の10倍〜20倍以上と、比べ物にならないほどの驚異的な数字になることが分かります

実際、一度せどりの利回りを知ってしまうと、株やFX、不動産投資などをするのがアホらしくなってしまうというのが本音です。

リスクが低い

利回りの高さと並んで、せどりの大きな魅力が、そのリスクの低さです。

物販系のビジネスをやる場合に、一番のネックとなるのが売れない在庫を抱えて赤字になってしまうリスクです

一方で、せどりの場合は、無料で使える「モノレート」などのデータや統計をフル活用できるため

仕入れを行う前に、その商品が儲かるかどうかを判断することができます

そのため

すぐ売れて、儲かる商品だけを仕入れる。売れずに赤字になりそうな商品は、そもそも仕入れない

など、商品リサーチの段階で、リスクをほぼゼロに抑えていくことができます

また、

  • 店舗や工場、機械などの大型の設備投資は一切不要
  • アマゾンの倉庫が使えるので、自前の倉庫や保管スペースも不要
  • アマゾンやヤフオクが集客してくれるので広告宣伝費も不要

など、パソコンやスマホ、クレジットカードなど、最低限の道具さえ用意できれば、自宅にいながらビジネスを始めることができるため

わずか数千円〜数万円の初期費用だけで、せどりをスタートすることができます

すぐ稼げる、即金性が高い

すぐ稼げる、即金性が高いというのも、せどりの大きな特長です。

せどりの場合

ヤフオクアマゾンメルカリなど

「何かモノを買いたい」という強い購買意欲を持ったお客さんが、すでにたくさん集まっている場(圧倒的な集客が完了している販路)に商品を出品できるため

商品出品から30秒後に売れてしまう

未経験者が開始1〜2ヶ月で月収20〜30万円程度を稼いでしまう

など圧倒的なスピードで成果を得ることができます。

一方で、これがアフィリエイトであれば、SEOを攻略しながらブログやサイトを作って、ゼロからアクセスを集めるところから始めなければならないため

最初の1万円を稼ぐまでに最低1年以上。下手すれば、何年も稼げない状態に耐える必要があります

また、商品の販売から入金までに最低2ヶ月以上かかるアフィリエイトとは違い、せどりの場合は、ヤフオクやラクマなど入金が早い販路なら

売れた当日か2日以内。アマゾンであっても1周間程度で商品の代金が振り込まれる

…など、入金までのスピード感もあって、即金性も非常に高いビジネスを作り込んでいくことができます。

難しい知識は一切不要

稼ぐうえで、難しい知識が一切不要という点も、せどりの大きな特長です。

例えば、仮にアフィリエイトで稼ごうと思えば、サイトを作るための基本的なHTMLCSSの知識に加えて、アクセスを集めるためのSEO知識。

集まったアクセスを売上に変えていくための文章力(コピーライティングスキル)など、様々な知識が求められます。

一方で、せどりの場合はこうした難しい知識は一切不要

また、アマゾンFBAというサービスで、商品の出荷・配送・在庫管理までを、アマゾンに代行して運用してもらうこともできるため、複雑な物流の知識も一切不要

処分品やセール品、値付けが甘い商品を安く仕入れ
アマゾンやヤフオク、メルカリなどで高く売る

シンプルですが、これだけで大きく稼いでいくことができます。

実際、そのシンプルさゆえに

女子大生がメルカリでブレスレットを売って稼いでいる

という現状すらあります。


参考:女子大生が教える、メルカリで使える「売れる言葉」

好きな時に稼げる、自由度が高い

自分自身のライフスタイルに合わせて好きな時に稼げる、自由度が高いという点も、せどりの大きな特長です。

  • 商品の仕入れは、平日のお昼休みや、会社終わりのスキマ時間。休日にプライベートで買い物や旅行に出かけたついでなど、店舗の営業時間内なら好きな時にいつでも、どこでも可能
  • 出品作業はネット環境が整っていれば、自宅でもカフェでもどこでもOK
  • 商品の発送は、仕入れのタイミングで商品をダンボールに入れて、アマゾンの倉庫(アマゾンFBA)に送っておけば、在庫の保管や発送、クレーム処理なども全てアマゾンが自動で代行してくれるので、基本的に不要
  • 商品の仕入れ後は商品が売れて、入金されるのを待つだけ

…といった具合に、せどりは特にサラリーマンの副業など、限られた時間しか確保できない人に合っているビジネスモデルと言えます。

また、こうしたメリットを得つつ

せどりの実際の仕入れは?やり方の流れは?」の中でも、わずか5分ほどのリサーチで、トータル5,000〜6,000円の利益を確保できる事例を紹介しましたが

慣れてくると時給換算で3,000〜4,000円以上を狙うことは充分に可能

時間的な拘束や、誰かに命令されて時給1,000円を稼ぐアルバイトがアホらしくなるほど、少ない時間と労力で稼ぐことができます


せどりのデメリット

肉体労働的な稼ぎ方が基本?

せどりは仕入れや在庫の量で売上が決まるビジネスモデル。

仕入れをストップすれば売上も無くなるため、基本的には、仕入れ(労働)をし続ける必要がある肉体労働的な稼ぎ方です

実際、全ての作業を1人で抱え込んで、月20〜30万円以上を稼ごうと思えば、それなりの肉体労働が求められます

また、在庫の保管や発送はアマゾンなど外部サービスに代行してもらえますが、仕入れ作業はそれができないため

仕入れを自動化(肉体労働を脱却)して、自分がほとんど働かずに月100万円以上を稼ごうと思えば、必ず人を雇って仕事を任せていく必要があります

ただし、デザイナー、カメラマンなどクリエイター系の仕事や、左官、大工、とび職などの職人系の仕事。小説家、漫画家、ミュージシャンなど文化系の仕事など

やる人によって仕事の質が大きく左右される「属人性の高い仕事(ビジネス)」と違い

やや乱暴な言い方をしてしまえば、せどりというのは単なるモノの移動

そのため、外注化やマニュアル化が簡単で、人材確保も安くできるなど、ビジネス自体を仕組み化、全自動化していくことは決して難しいことではありません

いったん仕組み化をしてしまえば、いわゆるマーケティング的に使われる「不労所得」という言葉が、全く夢物語ではなく、むしろ、目指すべき一つのゴールになります。


在庫を置くスペースが必要?

通常、ネット通販の会社を始めようと思えば、事務所を借りたり、自前の倉庫を用意するなど、在庫を保管しておくスペースを用意する必要があります

事務所や倉庫が用意できず、自分自身の部屋を倉庫代わりに使おうと思えば、商品を仕入れるほどに生活空間が圧迫されていく。

最終的には足の踏み場もないほどの状態になってしまうことも考えられるため、これからビジネスを始める人にとっては、大きなデメリットとなります。

一方で「じゃあ、せどりで稼いでいる人たちの部屋は、すべて在庫で山積みになっているの?」と言えば、決してそんなことはありません。

むしろ、ほとんどのプレイヤーがアマゾンFBA(フルフィルメント by Amazon)という商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品対応までをアマゾンが代行してくれるサービス(アマゾンの倉庫)を利用しているため

「部屋の中には在庫が一切ない」というケースが大半です

せどりの場合、基本的に仕入れた商品は、そのまままとめてダンボールに入れて、ヤマト運輸や日本郵便などでアマゾンの倉庫に送っておくだけでOK。

2〜3日程度でアマゾン上に反映されて商品の販売が開始。あとは売れるまでの在庫の保管から発送、クレーム処理に至るまで全てアマゾンが自動で代行してくれるので

基本的に在庫を置くスペースを自分自身で用意する必要はありません


仕入れ先の店舗が必要不可欠?

せどりというものが

小売店舗で処分品やセール品、値付けが甘い商品を安く仕入れ、それらをアマゾンなどのECサイトで高く売って利益を得るビジネスである以上

仕入れ先の店舗は必要不可欠であり、自宅近くに仕入れ可能な店舗が無い場合は、そもそもせどりで稼ぐことは難しくなります

具体的な仕入れ先の店舗は「せどりの仕入れ先は?」の中でも紹介していますが

ジャンル問わず、処分品やセール品、値付けが甘い商品を仕入れることができる店舗を

最低でも2〜3店舗は自宅近くに仕入れ先として確保しておきたいところです

なお、仮に自宅近くに仕入れができそうな小売店舗が無い場合は、いわゆる電脳せどりと呼ばれる、国内外問わずネット越しに業者やネットショップから商品を仕入れるやり方がオススメです。

せどりの仕入れ先は?

ワゴンセールに並ぶ処分品やセール品、値付けが甘い商品を仕入れることができる店舗であれば、どんなジャンルでも構いませんが、具体的には

家電量販店であれば、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、ベスト電器、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、コジマデンキ、ソフマップなど

大型スーパーやモールであれば、イオンや西友、業務スーパー、マルエツ、フジスーパー、イトーヨーカドー、ダイエーなど

ホームセンターであれば、ビバホームやカインズホーム、ホーマック、ハンズマン、ミスターマックス、かんぶん、サンデーなど

ディスカウントストアであれば、ドンキホーテやルミエール、コストコなど

リサイクルショップや中古品を扱うチェーン店であれば、ハードオフやトレジャーファクトリー、セカンドストリート、ブックオフ、古本市場、ゲオ、ワンダーグーなど

カー用品店であれば、オートバックスやイエローハットなど

ドラッグストアであれば、クリエイトやマツモトキヨシ、ハックドラッグ、ウエルシアなど

100円ショップであれば、ダイソーやセリア、キャンドゥ、ローソンストア100など

…上記の店舗が、代表的なせどりの仕入れ先候補となります。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2016-12-12 | Posted in せどりComments Closed