限られたスペースで勝負するコピーライティングという意味でTwitterもDMも同じ?

限られたスペースで勝負するコピーライティングという意味では、Twitterもポストに投函されるチラシやDM、FAXDMも同じようなものですか?

.

一見すると確かにTwitterは限られた文字数(140文字)の中で魅力を伝えなければいけないもの。ただし、チラシやDM、FAXDMとはその性質が異なるものであることもご理解下さい。

Twitterには140文字の文字数制限があるが…。

「限られたスペースで勝負するコピーライティングという意味では、Twitterもポストに投函されるチラシやDM、FAXDMも同じようなものですか?」とのことですが、

 一見すると確かにTwitterは限られた文字数(140文字)の中で魅力を伝えなければいけないもの。ただし、チラシやDM、FAXDMとはその性質が異なるものであることもご理解下さい。

 というのも、Twitterというものは仮に140文字で文章を書くことができなくても、文頭や文末に「続く」や「続き」といった表現を付けて連続投稿できるもの。

 そういった投稿の仕方で、実質的には文字数を気にすること無くメッセージを伝えることができてしまう。こういった特徴があります(実際、そういった使い方をしている人は多くいます)。

オフラインの広告には、必ず文字数に限りがある。

 一方でオフラインでポストに投函されるチラシやDM、FAXDMの類は、必ずそのメッセージをA4用紙1枚やハガキ1枚のサイズにまとめなくてはいけないもの。Twitterと違って、文字数を気にすることなく伝えたいメッセージ全てを書くことはできません。

 そのため、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、まずはたくさんの文章を書いて量を確保すること。その上で、どういった切り出し方が一番レスポンスを取れるのか。受注までの全体のシナリオから考えて、どういう切り口がスムーズにセールストークに繫げられるか。こういったことを考えながら、「どの部分を切り出すのか?」を考える必要があります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-18 | Posted in コピーライティングComments Closed