糸井重里レベルの有名コピーライターに自社商品のコピーを作ってもらう。意味ある?

糸井重里レベルの上場企業のコピーを書くような有名なコピーライターやクリエイターに、一般企業が自社商品のコピーを作ってもらったとして、意味があると思いますか?クリエイターの自己満で終わってしまいますか?

.

はっきり言って、普通の企業は、ああいったコピーライターに仕事を依頼しても全く意味が無い。これが本音です。参考にしてみて下さい。

普通の企業は、仕事を依頼しても全く意味が無い。

「糸井重里レベルの上場企業のコピーを書くような有名なコピーライターやクリエイターに、一般企業が自社商品のコピーを作ってもらったとして、意味があると思いますか?」とのことですが、

 はっきり言って、普通の企業は、ああいったコピーライターに仕事を依頼しても全く意味が無い。これが本音です。

 ああいった、いわゆるファッションコピーの類は

・大企業がイメージアップするために書かれるもの。
・ポスターなどをまとめるために作るもの。

 もちろん、有名なコピーライターにファッションコピーを書いてもらうことで、売上アップにつながるかと言えば、全くそんなことはありません。

クリエイターの自己満足で終わる場合がほとんど。

 また、あの類の広告はマスメディアをメインに展開されるもの。

 別のよくあるご質問で紹介したPPC広告のように、かなり細かくテストを行うことができる。非常に細かいデータまで取得することができる。どこから流入して、どれくらいコンバージョン(成約)に至ったのか分かる。どれほど離脱して、どれほどのお客さんを逃してしまったのかも分かる。

 こういったことは、なかなかできないもの。

 そのため、仮に糸井重里クラスのコピーライターにコピーを依頼したとしても、それがいくらの売上を生んだのかと言えば、誰にもわかりません。

 また、「クリエイターの自己満で終わってしまいますか?」とのことですが、広告コンテストに入賞するような

・いわゆるイメージ広告の類。
・いわゆるファッションコピーの類。

 こういったものは、はっきり言ってしまえば、やはりクリエイターの自己満足で終わってしまうケースがほとんどです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-13 | Posted in コピーライティングComments Closed