転売ビジネス。商品リサーチはどうやってモチベーションを維持すればよいですか?

転売ビジネスをやっていますが、いわゆる稼いでいる人のID検索や出品者リサーチで商品を探していますが、不毛な作業のように感じてモチベーションが保てません。どうやってモチベーションを維持しながら商品リサーチをすれば良いのでしょうか?

.

こういったやり方では、モチベーションを維持するのも、なかなか厳しいものがあります。それよりももっと良い方法があります。参考にしてみて下さい。

とてもビジネスと呼べるような行為では無い。

「転売ビジネスをやっていますが、いわゆる稼いでいる人のID検索や出品者リサーチで商品を探していますが、不毛な作業のように感じてモチベーションが保てません…」とのことですが、

確かに、別のよくあるご質問のよくある質問でも紹介しましたが、転売ビジネスに関する情報商材や教材、塾、スクールと呼ばれるような場では、売れている出品者のIDから逆算して売れ筋商品をリサーチする。これらを商品リサーチと呼ぶこともあります。しかし、商売の原理原則を考えてみれば良く分かりますが、これらは全く本質からズレた方法です。

こうした、いわゆるID検索や出品者リサーチと言われるようなやり方は、なかなか不毛すぎるもの。とてもビジネスと呼べるような行為ではありません。また、モチベーションを維持するのも、なかなか厳しいものがあります。

ただの作業。モチベーションが続かなくて当然。

従来のID検索や出品者リサーチと呼ばれるやり方は、

・いかに無駄なことをやり続けられるのかの戦い。
・モチベーションを保つことも難しく、その行為自体にも価値は無い。
・自らの金銭欲を満たすためだけの作業。
・とても人間的な作業とは呼べない。かなり奴隷に近い作業。

こういったことが言えます。

また、真似された側としても嫌な気分になるもの。

・まず、間違いなく誰かの恨みをかうことになる。
・皆で真似し合って価格競争に陥り、皆で互いの首を絞め合うことになる。

こうした商品リサーチやビジネスの仕方をしても、それ自体を楽しむというマインドにはまずなりません。楽しみながらビジネスができないため、価値が無い以上にただのしんどい作業。モチベーションが続かなくて当然です。

儲かる商品が、ボンボンと見つかるだけでなく…。

一方で、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、転売に限らず価格差を見つけて利ざやを稼ぐアービトラージの分野においては、縦堀、横堀、時間軸という一つのリサーチ方法(概念)が非常に有効です

このリサーチは、誰かの出品商品を真似するのではなく、新しい商品を開拓していくことのできる方法。そのため、儲かる商品がボンボン見つかるだけでなく、

・世の中に対して価値提供をすることができる。
・ビジネスを通じて誰かに貢献している気分にもなる。
・自分自身が社会にとって必要とされている感覚になる。
・新しい商品を見つけた、発見に対する高揚感もある。
・新たな価値提供ができるため、自己重要感を満たすこともできる。
・モチベーションを維持しようとしなくてもリサーチを継続できる。

こういったメリットがあります。

新たな商品を提供して、お客さんと関係を作り、さらにそこからバックエンドの販売に繋げることもできる。お客さんの悩みを解決するためには、あの商品が良いのでは?あるいは、こっちの商品が良いのだろうか。そうやって一緒に試行錯誤していく。そうやってビジネスを作っていけるモデルです。

目指すべきはこちらの形。不毛な出品者リサーチやID検索をしている場合ではありません。

参考にしてみて下さい。

↓ ↓ ↓

 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-10-05 | Posted in せどり, 中国輸入, 儲かる, 無在庫, 稼ぐ, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed