ネットビジネスで転売とせどり、どちらが稼げる?eBay転売とせどりを候補で考えてます

副業としてネットビジネスをこれから始めようと考えています。ネットビジネスだと転売とせどり、どちらが稼げるでしょうか?今のところ、eBay転売とせどりを候補で考えています

.

転売もせどりも本質的には、両者に大きな違いはありません。また、両者は単純に比較できるものでは無いことも、ご理解下さい。あまり言葉の定義やイメージにとらわれ過ぎずに、どうしたら価格差(価値の差)を見つけられるか。どうしたら、その価格差を埋めることができるのか、を考えること。特定のプラットフォームだけでなく横断的にリサーチをすること。柔軟な思考を持ってリサーチすることが重要です。参考にしてみて下さい。

そもそもの前提条件として…

「今のところ、eBay転売とせどりを候補で考えています」とのことですが、

 そもそもの前提として、言葉としての『(eBay)転売』と『せどり』は、

・本質的には、両者に大きな違いは無い
・また、両者は単純に比較できるものでは無い

 という点をご理解下さい。

本質的には、両者に大きな違いは無い

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、『(eBay)転売』も『せどり』も、本質的には、右から左へと物を流して、価格差(価値の差)を埋めるもの。

 短期売買を繰り返す株式投資やFX(外国為替)のデイトレード同様に、価格差を見つけて利ざやを稼ぐアービトラージの一種です。

転売やせどりも、短期売買を繰り返す株式投資やFX(外国為替)同様にアービトラージの一種

 そういう意味で『(eBay)転売』も『せどり』も、本質的には、両者に大きな違いは無いことをご理解下さい。

 実際、インターネットで『せどり』と『転売』、それぞれの言葉の意味を調べてみると

『せどり』という言葉の定義は…

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉(参考:ウィキペディア)。

 同様に、『転売』という言葉の定義を調べてみると…

転売とは、[名]買い取った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり(参考:goo辞書)。

 とあります。

『せどり』という言葉の説明の中に『転売』という言葉が使われていることからも、両者はほとんど同じような意味として用いられるということ。

 本質的には大きな差が無いことが分かります。

言葉としての「せどり」と「転売」に大きな違いは無い。むしろ本質的には同じもの

両者は単純に比較できるものでは無い

 なお、ここで言う『eBay転売』とは、いわゆる『転売』と呼ばれるものの中でも、

・海外のeBayを仕入先として国内で輸入転売する方法
・あるいは、国内で商品を仕入れて、海外eBayを販路として輸出転売する方法

 いずれかを指すものだと思います。

 また、ここで言う『せどり』とは、古本を始め、家電やホビー、様々な商品を店舗などの小売店から仕入れて、

・国内で再度転売する
・あるいは海外の販路を活用して輸出する

 こういったビジネスを指すものだと思います。

 ここで本題の「eBay転売とせどりを候補として考えていますが、どちらが稼げますか?」という質問に対しての回答ですが、

 人によっては、せどりよりも、eBayを使った輸出入転売をしたほうが稼げるケースもあります。

 一方で、人によっては、eBayを使った輸出入転売をするよりも、せどりをするほうが稼げるケースもあります。

「eBay転売とせどりは、どちらが稼げるのか?」は、一概には言えないということ。両者は単純に比較できるものでは無いことを、ご理解下さい。

ライフスタイルに合うかどうかで稼ぎやすさが決まることも

 また、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、自分がどういうライフスタイルを送っているか。それによって、その人にとってビジネスが合う合わない、という点もあります。

 例えば、一言に『(eBay)転売』と言っても、そのやり方は様々ですが、基本的には、いわゆる転売と呼ばれるものは家にいながら商品リサーチやその他の作業を完結させることができるもの。

 一方で、どんな商品を扱うにせよ『せどり』は、家での作業以外にも実店舗でのリサーチ、足を使った商品仕入れがどうしても必要となります。

例:基本的には家の中だけで全てが完結する「転売」と実店舗での仕入れが必要な「せどり」

 こういった点を踏まえると、

 家にいながら全ての作業を完結したい人にとっては、『(eBay)転売』の方が稼ぎやすいかもしれません。

 一方で、副業でやっているのであれば、会社の帰りに店舗に商品を仕入れに行くせどりのスタイルが合っている(稼ぎやすい)という人もいるかもしれません。

 また、『(eBay)転売』でも、家で完結するスタイルだけでなく、週末など定期的に海外に行って仕入れが出来る輸入転売のスタイルが合う(稼ぎやすい)という人もいるかもしれません。

 こういった点からも、どういったやり方が自分のライフスタイルに適しているのか、自分の肌に合うのかによって、稼ぎやすさは異なります。

例:家の中だけで完結したい人=「転売」向き。実店舗での仕入れが楽しい人=「せどり」向き

言葉に引っ張られて、選択肢を狭めてしまうのはナンセンス

 また、もっと言ってしまえば、確かに、電脳せどりや、ブックオフせどり、国内せどり、Amazon転売やヤフオク転売、カメラ転売などなど。

「せどり」や「転売」という言葉にも、販売するプラットフォーム名や扱う商材など、様々な言葉が付随します。

 こうやってカテゴライズ分けされると、それぞれ意味が違う言葉のように感じるかもしれません。

 しかし、繰り返しますが、これらは本質的に何ら変わりありません。

 仕入先も販売先もプラットフォーム選びは自由です

・ノウハウをパッケージ化して教材や塾、コンサルとして販売する人間がいる
・彼らがノウハウや情報をより売りやすく、切り口を増やすためにマーケティング的にカテゴライズをしているだけ
・あくまで教える側の都合でカテゴライズされているが、本質的には何も変わらない

 これが転売やせどりといったビジネスを事業レベルで長く経営している人間の正直な意見です。

 今回のケースで言えば、「eBay転売」という言葉だけに引っ張られて、狭い視野の中で、ビジネスの選択肢を狭めてしまうのはナンセンスです。

横断的、多面的に物事を考え、柔軟な思考を持って物販に取り組む

 仕入先一つをとっても、eBayや実店舗のせどりに限らず、どのプラットフォーム、どのサイト、どんな工場やメーカーから仕入れようと自由です。

 また、販売先もeBayに固執することなく、ヤフオクやAmazon、楽天など、その他のプラットフォームどこでも活用して構いません。

 横断的、多面的に物事を考え、柔軟な思考を持って物販ビジネスに取り組むことがポイントです。

言葉の定義やイメージにとらわれ過ぎずに、横断的、多面的に物事を考え、柔軟な思考を持って物販ビジネスに取り組むことがポイント

↓↓↓

 人間の脳はネーミングをつけられると、カテゴリが分かれたものだと認識するようにできています。

 しかし、結局やっていることや、その行動自体は何ら変わりません。どちらが稼げるかを考える前に、そもそもこのビジネスモデル自体がどのように成り立っているのかを知ること。

 あまり言葉の定義やイメージにとらわれ過ぎずに、

・どうしたら価格差(価値の差)を見つけられるか
・どうしたら、その価格差を埋めることができるのかを考えること。
・特定のプラットフォームに固執せず、横断的にリサーチをすること
・柔軟な思考を持ってリサーチすること

 こういったことが非常に重要です。

 商品によっては、もちろん「eBay転売」や「せどり」といった言葉の枠組みにとらわれることなく、プラットフォームを組み合わせて活用することが大切です。

 その上で、たまたま価格差を埋める先がeBayとヤフオクなのか。あるいはeBayとAmazonなのかというだけの話です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-13 | Posted in Amazon, eBay, せどり, ネットビジネス, ヤフオク, 情報商材、塾、教材, 転売Comments Closed