輸入転売ビジネスのコツを教えて下さい。

これから副業として輸入転売ビジネスをやろうと考えています。全くの素人で的はずれな質問をするかもしれませんが、輸入転売ビジネスのコツを教えて欲しいです。アドバイスよろしくお願いします。

.

輸入転売ビジネスのコツの一つは参入障壁を作ること。また、販路(プラットフォーム)ごとの特性や、販路ごとの売れ筋商品をしっかりと見極め、売れ筋商品から派生して周辺商品や関連商品から価格差の出る商品候補を探していくのが非常に重要です。参考にしてみて下さい。

輸入転売ビジネス。一つは参入障壁を作ること。

 輸入転売ビジネスのコツ。一つは参入障壁を作ることです。

・同じサイトから誰でも商品を仕入れることができる。
・誰でも同じ価格で仕入れられる商品を扱っている。

 こういった言わば、参入障壁が全く無い輸入転売ビジネスは、

・ライバルが次々と参入してきて価格競争をしかけられてしまう。
・価格差はすぐに埋まり、儲からなくなってしまう。

 といった状況に陥ります。

 一方で、この状態から一歩踏み込んで

・仕入先と直取引する(仲介業者を挟まず直接取引すること)。
・あるいは一定の規模感で仕入れることを条件に、仕入先と交渉して仕入れ値を安くする。

 などなど。誰でも真似できないこと。他者ができないこと。こういった部分にどんどん踏み込んで参入障壁を築くこと。これが一つのポイントです。

販路ごとの売れ筋商品をしっかりと見極めること。

 もう一つは販路(プラットフォーム)ごとの特性や、販路ごとの売れ筋商品をしっかりと見極めることです。

 輸入転売ビジネスで商品を販売する際、Amazonで売るのか、ヤフオクで売るのか。メルカリで売るのか。販路ごとに特性があり、販路ごとに売れる商品は異なります。

 実際、売れ筋商品のランキングを見てみるとよく分かりますが、Amazonとヤフオク、メルカリ、その他のプラットフォームでは、それぞれ違った商品が売れています。全く違った顧客属性が集まっていることが分かります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、輸入転売ビジネスに限らず、プラットフォームを使った物販をする場合は、その販路で売れている商品ありきで考えること。売れているものを仕入れることがポイントです。

 プラットフォームごとに、売れ筋やソールドアウト品をランキング順に並べて、リサーチすること。アパレルでもアクセサリーでもジャンルは問いません。とにかくどんな商品が売れているのかリサーチしてみることがポイントです。

 また、プラットフォームごとの売れ筋商品を見る場合は、売れている商品をそのまま仕入れるというよりも、縦堀、横堀、時間軸といったリサーチ方法(概念)を使い、売れ筋商品から派生して周辺商品や関連商品から価格差の出る商品候補を探すことも重要です。こうすることで、

・誰も登録していない価格差が大きくて売れる儲かる商品を見つけること。
・多くのプレイヤーが気付いていない売れ筋商品見つけること。

 にもつながります。また、このリサーチ方法自体、前述の参入障壁になるとも言えます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-09 | Posted in Amazon, せどり, メルカリ, ヤフオク, 儲かる, 転売, 輸入Comments Closed