転売やせどり。低単価を大量出品と高単価なものを少数出品。どちらが儲かる?

個人で副業として転売やせどりをやっています。こうした物販ビジネスでは、低単価なものを大量に扱う(出品する)べきか、あるいは高単価なものを少数扱うべきか。どちらが儲かりますか?

.

個人ビジネスが勝とうと思ったら、キーワードとなるのは少数暴利。なるべく少ない数で、大きな利益を狙うこと。これが基本とも言えます。参考にしてみて下さい。

安く仕入れて大量にさばくやり方もありますが…。

「転売やせどりなど物販ビジネスでは、低単価なものを大量に扱う(出品する)べきか、あるいは高単価なものを少数扱うべきか。どちらが儲かりますか?」とのことですが、

 もちろん、事業レベルで転売やせどりを行う。オリジナルの販路を持ち、豊富な資金をベースに販路を一括で購入してしまう。そうやって規模の経済を働かせて、1回あたりの仕入れコストを下げる。安く仕入れて大量にさばく。こうしたやり方もあります。

 ただし、仕入れの際に規模の経済を働かせることを踏まえると、せどりや転売というビジネス自体、原則として大企業に有利なビジネスモデルです。安く買って販売する。これだけで勝負しようと思ったら、個人プレイヤーがAmazonに勝てるはずがありません

 また、前提として、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、せどりや転売というビジネスは、純粋な作業時間や労働量はそれほど変わらなくても、取り扱う商品によって1回の取引で稼げる利益は何倍も変わります。また、商品の価格帯が変わっても利幅というものはそれほど変わらないため、なるべく高額商品を取り扱うことは基本戦略の一つです。

個人ビジネスが勝つためのキーワードは少数暴利。

 これらの前提を踏まえ、個人ビジネスが勝とうと思ったら、キーワードとなるのは少数暴利。なるべく少ない数で、大きな利益を狙うこと。これが基本とも言えます。

 せどりや転売に限らず、どんなビジネスであっても個人でやるマイクロ法人の場合、理想を言えば、最低でも単価10万円程度の売上になるもの。加えて粗利は5割は程度は確保したいところ(5割でも少ないほうですが)。これくらいのビジネスをしない限り、なかなか成り立たない。何かが狂った時にビジネスが終わってしまう、というのが正直なところです。

 あまり大きな声では言えませんが、実際、私の関連会社の物販ビジネスでも、比較的高単価でありながら利益率8〜9割がアベレージ。中には利益率95パーセント以上で、よく売れている。こういった商品もあります。こういったビジネスを作っていくことは決して非現実的な話ではありません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-30 | Posted in せどり, 中国輸入, 儲かる, 無在庫, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed