新規顧客の開拓以外にダイレクトメールを送る意味ってありますか?

これからリアル、ネットビジネス問わず起業を考えており勉強中です。そこで質問ですが、新規顧客の開拓以外にダイレクトメールを送る意味ってありますか?一般的には、ダイレクトメールは新規開拓にのみ使われるイメージがあります。アドバイスお願いします。

.

既存顧客に送るダイレクトメールには、かなり意味があります。むしろ、既存顧客に送るダイレクトメールこそ本番。それこそダイレクトメール。こう言っても過言ではないほど効果的です。参考にしてみて下さい。

既存に送るものこそダイレクトメールであり本番。

「新規顧客の開拓以外にダイレクトメールを送る意味ってありますか?…」とのことですが、既存顧客に送るダイレクトメールには、かなり意味があります。

 むしろ、

・既存顧客に送るダイレクトメールこそ本番。
・既存顧客に対して送るものこそ、ダイレクトメール。

 こう言っても過言ではないほど効果的です。

 別のよくあるご質問「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を学べるオススメの教材はありますか?」の中で、

 ビジネスとは何かと考えた時に、その本質は対人。対人とどう効率良く繋がり続けるかだけ。そして、DRMの本質も結局のところ「接点を持った人と、どう効率良く繋がり続けるかどうか」だけの話。これがDRMが最強だと感じる所以である。

 こんな話を紹介しました。

 この「接点を持った人と、どう効率よく繋がり続けることができるか」を考えた場合。既存顧客に送るダイレクトメールは無くてはならない存在とも言えます。

 実際、

・既存のお客さんにリピートしてもらう。
・既存のお客さんに何か新しいバックエンド商品を売る。クロスセルやアップセルをする。
・既存のお客さんの気持ちを繋ぎ止めておく。会員としてコミュニティを囲っておく。

 こういった目的を達成しようとした場合、紙ベースのダイレクトメールはかなり効果的に働きます。

新規顧客開拓には折り込み広告やポスティングを。

 また「一般的には、ダイレクトメールは新規開拓にのみ使われるイメージがあります…」とのことですが、

 新規顧客を開拓するために、広い母数に対して無差別に送る。この場合はダイレクトメールよりも、折り込み広告やポスティングといった1件辺りの送付コストが安いチャネルのほうが、より効果的と言えます。

 実際、

・無差別に片っ端から住所をスクレイピングしてきてリストを作る。
・そのリストに対してダイレクトメールを送る。

 やろうと思えば、こういった方法を取ることもできます。

 ただし、この場合の送付コストは1件につき82円。ダイレクトメールを1万件発送しようと思えば、単純計算82万円。2〜3万件送付しようと思えば、164〜246万円という金額になってしまいます。

 反応率が高く、売上もある程度見込めるような、既存顧客リストであれば、これだけのコストをかける価値は十分にあります。ただし、そうでない場合は、ダイレクトメールでは割高になりがちになってしまうもの。

 一方で、折り込み広告やポスティングは、送付コストも1件につき3円程度。1万件でも3万円。2〜3万件を配布しても6〜9万円程度のコストに抑えることができます。

・新規顧客を集める場合は、折り込みやポスティングのような1件辺りの配布コストを安くおさえられるもの。
・いったん顧客リストに入ってもらう。既存顧客になった後はダイレクトメール。

 こういった使い分けがオススメです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事