DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を学べるオススメの教材はありますか?

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を学べるオススメの教材はありますか?

.

誰かが勝手にカテゴライズし、パッケージ化した手法から学ぼうとする。いわゆるDRM系の商材や、DRMという入りで学ぼうとする。こういったやり方は、基本的にオススメできません。参考にしてみて下さい。

DRM系の商材でDRMという入りで学ぶのはNG。

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を学べるオススメの教材はありますか?」とのことですが、DRMというは、あくまで手法の一つ。

・誰かが勝手にカテゴライズし、パッケージ化した手法から学ぼうとする。
・いわゆるDRM系の商材や、DRMという入りで学ぼうとする。

 こういったやり方は、基本的にオススメできません。

 実際、ネットビジネスをしている人々を数多く見ていても

・DRMという名前から入って、何かを学ぼうとする人々。
・ビジネスモデルを聞かれて「DRMをやっています」と言ってしまう人。

 こういった人々の多くは、はっきり言ってほとんど稼げていません。

実践する中で、結果としてDRMという形になる。

 個人的な意見を言えば、DRMはビジネスモデルとして最強だと思っています。

 ビジネスって何かと考えた時に、その本質は対人。対人とどう効率良く繋がり続けるかだけです。そして、DRMの本質も結局のところ「接点を持った人と、どう効率良く繋がり続けるかどうか」だけの話。これがDRMが最強だと感じる所以です。

 もちろん、これは「DRM」という言葉が最強という意味ではありません。

 いわゆる世間一般的に言われる「DRM」という言葉は、結局、そのノウハウを売りたい人たちが、売りやすくするため、カテゴライズするために付けている名前に過ぎません。そうやって、パッケージ化された手法から学ぼうとしても、なかなか実践的な感覚を養うことができないことを、ご理解下さい。

・何らかのネットビジネスをやる。
・実践する過程の中で、結果としてDRMという形になっていく。

 これがビジネス的にごく自然な形と言えます。

これはDRMという名前が付いているのか、程度。

 実際、私自身もDRMはあくまで後付け。ビジネスを始めるうえで

「DRMを学ぼう」
「DRMをビジネスに取り入れよう」

 こういった考え方はありませんでした。むしろビジネスをしていく過程で、後付けで「これはDRMという名前が付いているのか」と気付く程度。これくらいの感覚です。

 ビジネスを始めると、まず誰もが、お客さんとどう接点を作るのか。という集客の部分を考えます。一言に、お客さんとの接点を作ると言っても、そのやり方は様々。その中でも、例えば、広告を打つというのは手っ取り早く接点を作り出せる方法です。

 一方で、ネットビジネスを始めた当時の自分自身は

・お客さんと接点を作る方法は、決して広告だけではない。
・例えば、ヤフオクなど人が集まる場から引っ張ってくれば広告なのでは?

 こういった感覚もありました。

ビジネスを実践しながら、結果として学んでいく。

・既に多くの人が集まるヤフオクなどのプラットフォームで商品を出品する。
・落札してくれたお客さんとやり取りをする中で、必ず連絡先が分かる。
・これも広告以外で、お客さんと接点を持つやり方の一つだと気付く。
・買ってくれたお客さんに、何か別の商品もオファーできるのでは?と気付く。
・どんな人が買ってくれたのか分かれば、もっと効率良くできるのでは?と気付く。

 これはまさにDRMでした。

 ただし、繰り返しになりますが、ビジネスをある程度やった後に「これはDRMという名前が付いているのか」と気付く程度の感覚。

 基本的には、

・ビジネスをやりながら結果としてDRMを学んでいった。
・結果として、いわゆるDRMというビジネスモデルの感覚を養っていった。

 これが本音です。もちろん、DRMという入りで何かを学ぼうアプローチはとっていません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事