音声を文字起こしすればコピーライティングの能力無しに、面白い記事を量産できる?

文章は書けなくても、喋りが面白い人をつかまえる。そういう人に喋ってもらった音声をひたすらテープ起こしして記事にしていけば、たとえコピーライティングの能力がなくても、面白い記事や売れる記事コンテンツを量産できると思いませんか?

.

確かにこのアイデアは非常に効果的です。ただし、こういったやり方にも、ある程度限界があるということを、ご理解下さい。参考にしてみて下さい。

確かに、このアイデアは非常に効果的ですが…。

「たとえコピーライティングの能力がなくても、面白い記事や売れる記事コンテンツを量産できると思いませんか?」とのことですが、確かにこのアイデアは非常に効果的です。

 実際、ゼロからいきなり文章を書くよりも、そのベースとして音声を起こすところから始める。特に、直接文章を書くのが苦手な人にとって、このやり方は非常に効果的です。

 ただし、こういったやり方にも、ある程度限界があるということを、ご理解下さい。

 というのも

・基本的には音声の書き起こしだけでは文章として成立しない。
・起こされた文章をどう編集するのかが非常に重要。
・どこをどう切り出すのかは、かなりセンスが求められる作業。

 実際にやってみるとよく分かりますが、結局のところ、編集という作業においてコピーライティング力や文章力が求められてしまうもの。

「コピーライティングの能力がなくても…」という壁はを超えるのは、なかなか難しいというのが本音です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-08 | Posted in コピーライティングComments Closed