ホームページ形式でアフィリエイトサイト作る方法を解説した書籍やサイトを探しています

ホームページ形式でアフィリエイトサイトの作り方を詳しく解説しているようなサイトや書籍を探しています。現在、色々と探していますが、その多くがWordPressを利用したブログ形式ばかりで、ホームページ形式で解説してくれるようなサイトや本が見つからず、困っています。どうやったらこうした情報を手に入れることができますか?

.

WordPress(ブログソフトウェア)を利用しても、ホームページ形式のアフィリエイトサイトは構築できます。また、ストックの情報に限らず、リアルタイムで稼いでいるサイトを手本にすることもオススメです。参考にしてみて下さい。

その多くがブログ形式ばかりで、とのことですが…

「ホームページ形式でアフィリエイトサイトの作り方を詳しく解説しているようなサイトや書籍を探しています。現在、色々と探していますが、その多くがブログ形式ばかりで…」とのことですが、

 前提として、おそらく、WordPress(ワードプレス)などの、無料で使えるオープンソースのブログソフトウェアを活用して作るサイトを指して「その多くがブログ形式ばかりで…」という話になってしまっているものだと思います。

 確かに一昔前まで、ホームページを作るというプロセスは

・テキストエディットでHTMLとCSSファイルを開く
・直に編集してファイルをサーバーにアップロードする
・以前のファイルを上書き保存してページの更新をする

 こういった形で、HTMLとCSSを駆使して静的ページをサーバーに乗せていくという方法が主流でした。

 しかし、最近ではWordPressを始めとする、いわゆるCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれる仕組みによって

・記事を書くだけでどんどん新しいページを作成できる
・カテゴリーごとに記事が自動で上に配置されていく
・コンテンツを作っていくだけでサイトが作れる

 などなど。

 HTMLやCSSの知識がそれほど無くても、非常に簡単にサイトを作ることができる時代になっています。

WPでもホームページ形式のサイトは作成可能です

 もちろんWordPressは、もともとブログソフトウェア。アフィリエイトに限らず、ブログ形式のサイトを作る際に非常に重宝します。

 実際、ブログ形式でアフィリエイトをしていく、いわゆる『ブログアフィリエイト』と呼ばれるようなスタイルでアフィリエイトをするプレイヤーは、このWordPressをフル活用しているケースがほとんどです。

 ただし、このWordPressを効果的に活用できるのは、何もブログ形式のサイトに限った話ではありません。

 WordPressを使いながら、

・企業のコーポレートサイト
・飲食店や美容院の集客サイト
・商品やサービスの販促をするためのサイト

 などなど。

 今、あなたが想像しているような、いわゆるホームページ形式のサイトを作りこんでいくことは充分に可能です。

 むしろ、その柔軟性や拡張性から、

・従来のホームページ作成ツールよりも表現の幅が広がる
・より自分が思い描くようなサイトを作り込みやすい

 ため、実際に

・多くの企業のコーポレートサイト
・多くのオフラインの店舗の集客サイト

 として、WordPressが活用されています。

サイトを作ること自体は、それほど難しくない

 そして、その柔軟性や拡張性は、当然、アフィリエイトサイトを構築していく際にも非常に役立ちます。

 前述の通り、HTMLやCSSの知識がそれほど無くても、非常に簡単にサイトを作ることができるため、WordPressを活用してアフィリエイトサイトを構築しているプレイヤーも数多くいます。

「アフィリエイトサイト WordPress 作り方」といった検索をするだけでも、WordPressを活用して、アフィリエイトサイトを作り込んでいく方法はいくつもヒットします。

 また、WordPressは世界的に利用者がいるため、

・ちょっとした疑問に応えてくれるフォーラムが機能している
・カスタマイズの方法や細かいTipsを紹介するブログも多い
・検索をすれば、基本的に問題の解決策が見つかる

 こういった状況が作り出されています。

 また、WordPressを使ったホームページの作り方を紹介するブログやサイト、書籍も非常に充実しています。

 そのため、こうしたフォーラムやサイト、書籍等を参考にしていけば、

・解説してくれるサイトや本が見つからない
・やり方が分からず、困ってしまう

 といったことは考えられません。

『サイトを作る』という行為自体も、それほど難しくない、ということをご理解下さい。

綺麗なサイトを作る事と、売れるサイトを作る事

 ただし、ここで注意しておかなければいけない点は

・見た目が綺麗なホームページやブログを作る能力
・自分自身が思ったようなデザインやコンテンツをウェブ上で表現する能力

 と

・上位表示して、アクセスを集めるサイトを作る能力
・集まったアクセスに対して最適なコンテンツを返す能力
・アフィリエイトで成果を出すサイトを作る能力

 こういったものは全く別物であるということです。

 確かに、htmlやCSSなどの知識を蓄え、

・見た目が綺麗なホームページやブログを作る能力
・自分自身が思ったようなデザインやコンテンツをウェブ上で表現する能力

 こういったものを向上させる書籍やサイト、専門学校、Eラーニングのようなものは、それなりに充実しています。

 中には無料(かそれに近い形)で学習カリキュラムを提供してくれる場もあるため、良い教材を使って実践を交えながら勉強をしていくことで、少ない投資(費用)でその能力を向上させていくことができます。

商業的に提供されている書籍やスクールだけでは…

 ただし、

・上位表示して、アクセスを集めるサイトを作る能力
・集まったアクセスに対して最適なコンテンツを返す能力
・アフィリエイトで成果を出すサイトを作る能力

 こういったものに関しては、商業的に提供されている書籍やスクールだけでは、なかなかその能力を向上できるものでは無いことも正しく理解をしておく必要があります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、サイトを綺麗に作り込むということは入れ物や箱を綺麗にするだけ。オフラインの店舗で言えば内装工事にお金をかけることに過ぎません。

 しかし、サイト作りで一番重要なのは、

・その入れ物や箱に何を入れるか
・どんなコンテンツを作り込んでいくか
・あるいはどういうコンセプトでサイトを打ち出していくか

 といったことです。

 いくら入れ物や箱、内装を綺麗にしたところで

・全くアクセスを集められないサイト
・集まったアクセスを報酬や顧客リストに転換できないサイト

 こういったものを作っても、全く意味がありません。

ストックの情報だけでなく、フローの情報も参考に

 また、アフィリエイトサイトを作る上で、確かにある程度のベースや基礎知識として、ストックの情報である書籍等を参考にするのはありかもしれません。

 ただし、アフィリエイトやネットの世界というのは、

・変化がかなり激しい(早い)
・トレンドがめまぐるしく変わっていく

 こういった世界でもあるため、ストックの情報だけで勝てる世界では無い、という点を正しく理解しておく必要があります。

 例えば、この5年のあいだに、ネットの商業圏は、PC(パソコン)からスマホ(モバイル)端末に、一気にシフトしています。

 一方で、5年前にそれを予想できた人(や書籍)がどれほどいたか?と言えば、かなり疑問です。

 もちろん、それを予測できていない過去の情報だけで、今の市場で勝ち残れるのか?と言えば、なかなか厳しいものがあります。

 また、5年前には通用したテクニカルなSEO(検索エンジンで上位表示する方法)が、5年後の今日現在では、全くナンセンスなやり方になっている。

 こういったケースも、現実問題としてよくあります。

 そういった意味で、ストックの情報である書籍や過去のブログだけを参考にするのではなく、併せてリアルタイムで今現在儲かっている(であろう)サイトを参考にすること。

 ストックの情報だけでなく、フローの情報もしっかりと参考にしていくことをオススメします。

激戦ジャンルには、生きた手本となるサイトがある

 例えば、別のよくあるご質問「副業アフィリエイトで月100万稼ぐために必要な17のこと。ASPや広告主が教えてくれないアフィリエイトのリアルをまとめてみた」で紹介した

「キャッシング」
「消費者金融」
「カードローン」
「FX」
「車買取」
「車査定」
「酵素」
「引越し」
「永久脱毛」
「全身脱毛」
「育毛剤」
「ウォーターサーバー」
「青汁」
「ニキビ」

 といった、いわゆる稼げるジャンルや、王道のキーワード(やそれを中心とした検索クエリ)で上位表示し続けているアフィリエイトサイトを参考にする。

 これは、かなり効果的なやり方です。

 こうした、アフィリエイトで稼げるキーワード(やジャンル)と呼ばれるものは、広告主がASP経由でアフィリエイターに高い報酬を支払って、新規顧客を集客していくという文化が出来上がっているジャンルとも言えます。

 当然、このジャンルや関連のキーワードで検索をしていくと、アフィリエイトで収益化をしているサイトを数多く見つけることができます。

 激戦ジャンルの中で上位表示をし続け、アクセスを集め続けているサイトというのは、生きた手本であり、リアルタイムで今現在稼いでいるサイトとして、非常に参考になります。

1位にいるサイト=最良の手本サイトとは限らない

 ただし、ここで注意しておきたいのは、そのジャンルやキーワードで1位にいるサイト=参考にすべきサイトとは限らない、という点です。

 というのも、例えば「脱毛」といったキーワードで実際に検索してみるとよく分かりますが、上位には、

・ペラペラのコンテンツしか入っていない
・中身がそれほどなく、ランキングで案件の紹介だけ

 こういったサイトも見受けらます。

 もちろん、「稼げるキーワードや検索クエリで1位を取る」という状況を作り出すことができれば、こうしたコンテンツの返し方が

・一番、コンバージョン率も高くなる
・アフィリエイトの成果も上げやすくなる

 こういったことは事実です。

 ただし、こうしたコンテンツがそれほど入っていないサイトというのは、

・かなり高度な方法で上位表示をさせている
・テクニカルなSEOであり、やり方は真似しづらい

 こういった点から、SEOの知識がそれほどない状態で真似しようと思っても、そこにはまず再現性はありません。

 そのため、1位のサイトだけに固執せず、少なくとも1ページ目にある10サイト、できれば2〜3ページ目くらいまでのサイトの中から、参考になりそうなアフィリエイトサイトを見つけることから始めてみることです。

 あなたのサイト作りのスタンスにもよりますが、

・長く上位表示しているであろうサイト
・テクニカルなSEOよりもコンテンツ重視のサイト
・ある程度、コンテンツのボリュームがあるサイト

 こういったサイトを1〜3ページ目くらいの中から見つけることができれば、そのサイトが自体が

・あなたが欲しがっている情報が詰まっているサイト
・ホームページ形式のアフィリエイトサイトの解説書になり得るサイト

 になると言えます。

その骨組みや構成、コンテンツの返し方を参考に…

 また、いわゆる稼げるジャンルや、王道のキーワード(やそれを中心とした検索クエリ)で参考になるサイトは、SEOで上位表示されているサイトに限った話ではありません。

 例えば、そういったキーワードや検索クエリでPPC広告を出稿しているアフィリエイトサイトも、手本になるサイトとして非常に参考になります。

 何かキーワードを検索した時に出てくる検索連動型広告や、ブログやニュースサイトを見ている時に出てくるコンテンツ連動型の広告の中で、その広告文の中に「提携」と入っているものは、基本的に全てアフィリエイトサイトです。

 これも、別のよくあるご質問「副業アフィリエイトで月100万稼ぐために必要な17のこと。ASPや広告主が教えてくれないアフィリエイトのリアルをまとめてみた」で紹介しましたが、

 一度上位表示してしまえば、実質無料でアクセスを集めることができるSEOと違い、PPC広告は、アクセスそのものに対してお金を支払い続ける方法。

 そのため、アフィリエイターという立場では、PPC広告を使って黒字化していくのは、なかなか至難の業となります。

 当然、ビジネス的にはSEOよりも、よりシビアな目で見られるため、売れないサイトやページの場合は、基本的にPPC広告が出続けるということはありません。

 これは言い換えれば、

・広告が長く出続けている=それだけ売れている
・広告が出続けている=ビジネス的に収支が合っている

 こういったことが言えます。

 もちろん、PPC広告で集客しているアフィリエイトサイトの中には、ある程度、件数や成果を上げることにより

・特別単価で通常より高い報酬を得ている
・発生した売上のうち、一定数の承認率の保証を得ている

 こういった前提があって初めて、PPC広告を集客に使ったアフィリエイトサイトの運営が成り立っているケースもあります。

 そのため、

・同じようなサイトを作って
・同じようにPPC広告を出稿する

 こういった真似をしても、再現性や同じような成果を期待することができないため、注意が必要です。

 重要なのは、あくまでその骨組みや構成、コンテンツの返し方といった点を参考にすることです。

全く別の業種をモデリングして、サイトを作り込む

 SEOでもPPCでも、成果が上がっていそうなアフィリエイトサイトをいくつか見つけることができたら、

・トップページからどういう構成になっているのか
・広告主に送客するページの作りこみはどうなっているか
・どういったコンテンツがどれくらいの割合で入っているか
・どういった文章でリンクを踏んでもらって送客するか
・どういう検索クエリやキーワードに対して、どういうコンテンツを返しているのか

 などなど。

 そのサイトの作り方や形、骨組みをどんどん自分自身のアフィリエイトサイトに応用していきます。

 もちろん、全く同じジャンルで、全く同じようなコンテンツで、同じようなパクりサイトを作ってしまえば、訴えられて然るべき。絶対にNGな行為です。

 ただし、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、全く別の業種のサイトをモデリングして、全く別業種のサイトを作る。

 これは、高い抽象化の能力が求められるため、決して難易度は低くありませんが、再現性を持って売れるサイトを作る方法としては効果的です。

 例えば、脱毛のアフィリエイトで稼いでいるサイトがあれば、

・主に女性向けの商材やサービスを扱うサイト
・オフラインの店舗へ送客するサイト

 こういったアフィリエイトサイトを作る際に、非常に参考になります。

 脱毛のアフィリエイトで稼いでいるサイトを参考にして、例えばホットヨガのオフライン店舗へ送客するアフィリエイトサイトに応用してみることもできるかもしれません。

 同様に、物販系であれば、健康食品を扱っている手本となるサイトが見つかれば、それを全く別の健康食品を取り扱っているサイトに応用することもできます。

自分なりにマインドマップでまとめていくと…

 公開されているサイトマップだけでなく、自分なりにそのサイトの構成をマインドマップのような形でまとめていくこと。

 実際にアフィリエイトで成果を出す(広告主に送客する)ページは、その構成を書き出してみる。

 こういった形で手本となるサイトのリサーチを進めていくと、

・自分のサイトの過不足が見えてくる
・売れるサイトの型が見えてくる

 こういったことに繋がっていきます。

 この辺り、いわゆる書店で売っているようなホームページの作り方の解説書を読んでも、なかなか載っていない情報でもあります。

 リアルタイムで売れているサイトというのは、それ自体が自社のノウハウであり、それを(少なくとも安価にパッケージ化して)商業的に公開することはありません。

 そのため、一筋縄ではいかないとしても、現在進行形で儲かっているサイトを参考にしながら、自分で情報を取りに行き、それを参考にしながらサイトを作り込んでいくこと。

 こういったやり方がオススメです。

 なお、この辺り「副業アフィリエイトで月100万稼ぐために必要な17のこと。ASPや広告主が教えてくれないアフィリエイトのリアルをまとめてみた」の中でも、同様のご質問を詳しく紹介しています。

 併せて参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事