中国輸入転売は中学生レベルの英語でもできますか?

いわゆる在宅でできるネットビジネスを探していて中国輸入転売にたどり着きました。家にいながら中国輸入転売をしたいと思いますが、私自身の英語は中学生レベルです。そんな英語力でも中国輸入転売はできるのでしょうか。

.

中国輸入転売に英語は必要ありません。日本語を話すことのできる中国人スタッフは山のようにいます。代行業者を使ってもそうですし、現地の工場に日本語が話せるスタッフが必ずいます。そのため基本的に英語(も中国語)も話せる必要は無いものとご理解下さい。

日本語を話せる中国人スタッフは山のようにいる。

「私自身の英語は中学生レベルです。そんな英語力でも中国輸入転売はできるのでしょうか…」とのことですが、中国輸入転売に英語は必要ありません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、日本語でコミュニケーションが取れ、指定した商品を代わりに買ってきてくれる代行業者が存在します。そうした業者を使えば中国語は必要ありません。日本語だけで全ての流れを完結することができます。

 実際、日本語を話すことのできる中国人スタッフは山のようにいます。また、代行業者を使ってもそうですし、アリババのようなサイトで探すと分かりますが、現地の工場に日本語が話せるスタッフが必ずいます。そのため英語は必要ありません。

中国輸入転売において、言葉の壁は基本的に無い。

 これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、もちろん、商品を仕入れる時もコミュニケーションは大切です。しかし、輸入転売であれば商品仕入れ時はあくまでこちらが買う側。こちらがお金を払うと言えば、多少、たどたどしいやり取りでも、商品を仕入れることはできます。輸入転売系のビジネスにおいて言葉の壁はほぼ無いと思って頂いて構いません。

 ただし、販売時にたどたどしい言語で売れるかと言えば、そんなに容易い話ではありません。もし、たどたどしい言葉で販売しようと思えば、よほど良い商品を販売しない限り、相手は怪しさを感じてモノを買ってくれません。

 そのため、輸出となるとやはり言語の壁は存在します。

 ただ、その点に関しても中国は地理的にも非常に近い国です。探そうと思えば、一緒にビジネスをしてくれるパートナーはいくらでも見つかります。そのため、基本的に中国輸入転売において言葉の壁は無いもの。あるいはあったとしても無くすことができるものです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-10 | Posted in アリババ, せどり, 中国輸入, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed