縦長のセールスレター。レイアウトや図や画像の挿入、見出しの工夫などが重要ですか?

縦長のセールスレターを作る時は、やはりレイアウトや図や画像の挿入、見出しの工夫などが重要ですか?

.

これは、かなり重要なポイントです。特に、図を入れるうんぬんというよりも、適切な文字装飾をすること。これはセールスレターにおいて、非常に重要です。参考にしてみて下さい。

セールスレターの可読性や可視性を上げる工夫を。

「縦長のセールスレターを作る時は、やはりレイアウトや図や画像の挿入、見出しの工夫などが重要ですか?」とのことですが、これは、かなり重要なポイントです。

 セールスレターを書くにあたり、注意したい点として

・セールスレターは難解なビジネス書ではない。
・読む人は全員が高いモチベーションがあるわけではない。
・読む側に気力がないと読んでもらえないレターでは、読まれない。
・想定する、読み手のモチベーションは底辺の人に合わせるべき。
・読めないことを前提に作らないといけない。

 こういった点が挙げられます。

 特に、こうした点を踏まえたうえで、セールスレターの可読性(読みやすさの度合)や可視性を上げること。これは非常に重要なポイントです。

 多くのセールスレターはこういったポイントを忘れてしまう。ついつい読みにくいセールスレターを作ってしまう。こういった傾向にあります。しかし、可読性のあるコンテンツを作れるかどうかは成果に大きな差を生みます。

 セールスレターに限らず、ホームページを作るうえで、プロか素人かを分ける点は、可読性のあるコンテンツを作れるかどうかだけ、とも言えます。

図よりも適切な文字装飾をすることが非常に重要。

 特に、図を入れるうんぬんというよりも、適切な文字装飾をすること。これはセールスレターにおいて、非常に重要です。

 普段から書籍を読み慣れている人にとっては、文字装飾や改行がほとんどないプレーンテキストでも読めてしまいます。一方で、慣れていない人にとって、プレーンテキストは単調すぎて読むのをやめてしまうもの。

 そのため、

・どの文字を太字にするのか。
・どの文字を赤字にするのか。
・どの文字にハイライトをつけるのか。

 などなど。重要箇所はハイライトする、太字にする、など読者が読みやすくするなる工夫をすること。

 また、

・一行を短く30文字程度に抑える。
・連続で文字を書く場合も2〜3行程度に抑える。
・加えて、サブヘッド(副題、小見出し)をつけること。

 これだけでもセールスレターは一気に読みやすくなります。

意識的に文字が詰まりすぎている状況を解消する。

 一行を短く抑える点と、改行に関して。

 はっきり言ってしまえば、素人が書くセールスレターというものは文字が詰まりすぎているものがほとんど。意識的に文字が詰まりすぎている状況を解消していく。それだけでも、セールスレターはかなり読みやすくなります。

 また、サブヘッドもやはり重要です。

 単に文字がずっと続いては何の話が分からなくなってしまうもの。一方で、サブヘッドがあることで、レターの読みやすさは格段に上がります(サブヘッドだけで意味がわかるくらいにしないと読んでもらえません)。

 書籍を読んでいてもサブヘッドというものは存在しますが、セールスレターでもサブヘッドは目次のような役割を果たします。

 加えて、話題をしっかりと最後に要約することも読みやすさを手助けします。

・今回はこの話をしました。
・今回はこの話をしますね。

 こういった具合に、話題の前後に要約を付けるだけでもセールスレターはグッと読みやすくなるものです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-11 | Posted in コピーライティングComments Closed