コピーライティングを勉強中。でも文章がおかしいと言われます。商品も売れません。

コピーライティングの勉強をしています。◯◯なポイントで煽ればいいなど、ある程度、求められる要素は学んだつもりですが、なかなか売れる文章は書けません。そもそも文章がおかしいとも言われます。アドバイスお願いします。

.

文章がおかしい人は、コピーライティングうんぬん以前の問題として、普通の文章が書けるようにならないと厳しい。日本語が伝わるようにならないと、なかなか売れる文章は書けないというのが正直なところです。参考にしてみて下さい。

普通の文章が書けるようにならないと厳しいもの。

「ある程度、求められる要素は学んだつもりですが、なかなか売れる文章は書けません。そもそも文章がおかしいとも言われます…」とのことですが、

 文章がおかしい人は、コピーライティングうんぬん以前の問題として、

・普通の文章が書けるようにならないと厳しい。
・日本語が伝わるようにならないと、なかなか売れる文章は書けない。

 これが正直なところです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、アフィリエイトに限らずインターネットビジネスにおいては、いかに上手な宣伝文句にするかより、いかに丁寧に書くかということが何より大事です。

ギャップを埋めるために、どう丁寧に伝えるのか?

・自分が考えている(見えている)世界と、他人が見えている世界が違うものであることを認識すること。
・その上で、そのギャップを埋めるためにどう伝えれば良いのかを考えること。

 こういった丁寧さに欠けてしまえば、いくらコピーライティングのテクニックだけ学んでも、まず相手にメッセージが伝わりません。

 こういった点を理解せずに

・コピーライティングのテクニックだけに走って文章を書く。
・「ここで恐怖を煽ればいい」など、表面的な部分にだけこだわる。

 こうした自称コピーライターの人は数多くいます。

 しかし、こういったことをいくら繰り返しても、はっきり言ってしまえば、いつまでも稼げないもの。日本語のベースが出来ていない中で、いくらコピーライティングを学んでも、全く意味がありません。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-08 | Posted in コピーライティングComments Closed