ずばり売れるセールスレターのポイントをシンプルに言うと何ですか?

ずばり売れるセールスレターのポイントをシンプルに言うと何ですか?

.

シンプルに言うとすれば、相手の欲求を鷲づかみにすること。相手の欲求をダイレクトに代弁することができれば、売れるセールスレターを書くことができると言えます。参考にしてみて下さい。

相手の欲求をダイレクトに代弁できれば…。

「ずばり売れるセールスレターのポイントをシンプルに言うと何ですか?」とのことですが、

 シンプルに言うとすれば、相手の欲求を鷲づかみにすること。相手の欲求をダイレクトに代弁することができれば、売れるセールスレターを書くことができると言えます。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、基本的に買い物というのは、衝動買いという言葉があるように、感情が先走って行うもの。気持ちが高ぶった瞬間、欲しいと思った瞬間に購入ボタンを押すもの。

 こういった行為です。

・あくまで感情レベルで商品を購入する。
・決して理性で商品を買うことは無い。

 これが前提にあるとも言えます。

 そのため、この感情や欲求の部分に上手く働きかける。それができれば、売れるセールスレターを書くことができます。

何か強力な感情レベルでの欲求が隠されています。

 仮に、男性向けのダイエット商材を売ろうとした場合、ターゲットとなるのは「痩せたい」と思っている男性です。

 ただし、この「痩せたい」という思いの裏側には、何か強力な感情レベルでの欲求が隠されています。

 例えば、身長が150センチで体重が100キロある。こうした男性が「痩せたい」と思う裏側には、

「街で歩いていると、指をさされて笑われるのがつらい」
「女性と会っても、第一印象で太っていると思われて上手く話せない」
「コミュニケーションでも自信が持てず、彼女も出来ない」

 こうした感情の負い目を感じている。それを払拭するために「痩せたい」と思っている。こうしたケースが考えられます。

 一方で、例えば、同じ体型の男性でも

「太っているが、周りからはカッコいいねと言われる」
「付き合っている彼女がいて、自分の体型をカワイイと言ってくれる」
「その体型でも、キャラクターとして認められている」

 こうした場合は、そもそも「痩せたい」とは思いません。

「ここに書かれているのは、まさに自分のことだ」

 また、

「健康診断の結果、医者からリアルな数値をつきつけられた」
「このままの生活をしていれば、いつか死んでしまうと言われた」

 こういった理由から「痩せたい」と思うケースも考えられます。

 いずれのケースも「痩せたい」という思いの裏側には、何か強力な感情レベルでの欲求が隠されています。得たい未来があるからこそ、その手段として「痩せたい」と思うものです。

 こうした裏側の感情を理解しつつ、その欲求をダイレクトに代弁する。そういった文章を書くことができれば、売れるセールスレターを書くことができます。

 もっと言えば、

「ここに書かれているのは、まさに自分のことである」
「この商品は自分のためにあるような商品だ」

 こういったことを、いかに思ってもらうか。これが非常に重要です。

 特に「まさに自分のことだ」と思わせること。「あなたは今◯◯という状況じゃないですか?それを全て解決することができます」。そうやって代弁できれば、そのセールスレターは大きな成果を生みます。

 もちろん、代弁する言葉を作るためには、

・その人のこと。ターゲットとなるユーザーについてリサーチを重ねる。
・相手のことをよく理解することが非常に重要です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-07 | Posted in コピーライティングComments Closed