ネットショップ。1,000アクセスあったら成約率は何パーセントくらいですか?

最近、新規事業としてネットショップを立ち上げた会社で働くものです。個人的にも将来的にネットショップを開業したいと思っており、今回新規事業メンバーに立候補しました。ただし、今まで実店舗だけで商売をしていたせいか、社長は思うような成果につながっていないと社員を怒鳴り散らしています。社長いわくネットショップのアクセスが1,000集まれば、少なくとも500人は何かしら買っていくはずと言っています。本当にそんな成約率が出るものなのでしょうか?1,000アクセスあれば、だいたいどれくらいの成約率になるものですか?アドバイスお願いします。

.

その社長は商売が全く見えていいません。もちろん、そんな成約率が出ることはありません。参考にしてみて下さい。

もちろん、そんな成約率が出ることはありません。

「社長いわくネットショップのアクセスが1,000集まれば、少なくとも500人は何かしら買っていくはずと言っています…」とのことですが、滑稽すぎて何も言えないというのが正直な感想。

 厳しい言い方をしてしまえば、その社長は商売が全く見えていいません。もちろん、そんな成約率が出ることはありません。

 ただし、滑稽な話ですが、残念ながらよくある話でもあります。特に2代目の社長にはこうした、何も見えていない方も多くいます。こういった社長を見るたび、どうやって会社がまわっているのか、かなり不思議に思うものです。

その社長は経営者として現場が全く見えていない。

「今まで実店舗だけで商売をしていたせいか…」とのことですが、そもそもオフラインの実店舗であっても、1,000人が来て500人が買うということはあり得ません。

・1,000人の見込み客が店舗に訪れる。
・1人1人を商談ルームのようなところに連れ込む。
・お客さんが買わなかったら、買うまで帰さない。
・1人のお客さんに対して4人がかりでプレッシャーをかける。

 そういう、どうしようもない商売をやっていない限り、こんな成約率というものは出ないものです。

 仮に、真っ当な商売をやっていて社長がこういう発言をしている場合は、経営者として現場が全く見えていないことを意味します。

成約率で1パーセント出ればかなり良い数字です。

「1,000アクセスあれば、だいたいどれくらいの成約率になるものですか?」とのことですが、一般的に成約率で1パーセント出ればかなり良い数字です。

 仮に1日に1,000アクセスあれば、そのうち10人が商品を買う(顧客に転換できる)。こういったネットショップはかなり優秀です。

 ちなみに日に1,000アクセスなのか、月に1,000アクセスなのかによって話は変わりますが、月に1,000アクセスの場合は、そもそも1日33アクセス程度。母数が減るため、成約率も下がることをご理解下さい。

1%を5%まで上げるのが、いわゆるプロの技。

 また、仮に1,000アクセスがの大半がリピーター。こういった場合は1,000アクセスで成約率が10パーセント。つまり100人が購入するということもあり得ます。しかし、全く新規のお客さんであれば、やはり1パーセント出れば御の字です。

 成約率を高めるためには商品の販売ページをきっちり作り込むなど、その1パーセントを5パーセント程度まで上げていくのは、いわゆるプロの技。しかしプロがかなり丁寧に作り込んだとしても5パーセント程度の成約率が限界。

 繰り返しになりますが1,000人が来て500人が買うということはオンライン上のネットショップでも、オフラインの実店舗でもあり得ません。どこか閉じ込めて売るようなビジネスをしない限り、出ない数字です。

 また「社長は思うような成果につながっていないと社員を怒鳴り散らしています…」とのことですが、正直、怒鳴り散らしてしまっている時点で経営者としての能力や、人間性を疑ってしまいます。そういった社長の下で働き続けるのも疑問です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-03 | Posted in ネットショップComments Closed