副業でネットショップ。元金100万円あるならどんなジャンルがオススメですか?

これから副業でネットショップを始めたいと考えています。元金は100万円ほど用意できます。このくらいの元手があるとして、どんなジャンルのネットショップを始めたほうが良いと思いますか?アドバイスお願いします。

.

元金があるかどうかはどうでもよい話です。それよりも、あなた自身が何を扱いたいのか。その商品についてどれほど語れるのか?を基準にテーマやジャンルを選ぶほうがずっと重要です。参考にしてみて下さい。

元金があるかどうかは、正直どうでもよい話です。

「これから副業でネットショップを始めたいと考えています。元金は100万円ほど用意できます…」とのことですが、ざっくばらんな話をすれば元金があるかどうかはどうでもよい話です。

 例えば、ハンドメイドのネットショップを作る場合。

・元金が1万円しかない。その1万円は布代として使ってしまう。
・1万円の布代で10個の商品を作る。
・ヤフオクで販売して1個あたり3万円の利益が出る。

 これはあくまで一例に過ぎませんが、こうやって元金1万円から30万円を作り出すこともできます。

 ネットビジネスは少ない元金からいくらでも利益を生むことができます。ネットを使った商売をするうえで、元金があるかどうかという話は正直どうでもよい、というのが正直な意見です。

 もちろん、元金があることが差別化になる場合もあります。ただし、それも億単位の資金が使える場合の話。もちろん、100万円単位の話では元金で差別化することはできません。

 大きな元金があって初めて元金を広告費に使うのか、あるいは商品の仕入れに使うのか、といった戦略を組んで差別化をしていくことができます。100万円単位であれば、元金の有無を考慮に入れる必要はありません。

ネットショップの商品についてどれほど語れるか?

 その上で「どんなジャンルのネットショップを始めたほうが良いと思いますか?」とのことですが、これはあなた自身が何を扱いたいのかによります。

 ネットショップのテーマや扱うジャンルを決めるうえで明確な基準があります。それは、その商品についてどれほど語れるのか?という点です。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ネットショップの場合、店長が語る内容に共感してお客さんの数は増えていくもの。ですから、コツとしては自分自身が情熱を持って語れるテーマやジャンルを選ぶ。ソーシャルでもブログでも、いくらでも語ることができる情熱を持てる分野を選ぶべきです。 

 仮に新しい分野に挑戦する、勉強する場合でも「果たしてそのジャンルは、これから自分自身が勉強したいジャンルなのか?」という点をしっかり問うことをオススメします。

単純な転売のように売れるものからの逆算はNG。

 よく、男性で子どももいない。にも関わらず。子供服をネットショップで販売したいという人がいます。ただ、そういったビジネスを始める人に必ず聞きたいのが「果たしてそんなに子供服に興味があるのか?」ということです。

 もちろん、興味が無い、情熱が無いものは商売として続きません。一時的に子供服が売れると聞いたから、子供服を扱う。これは短絡的思考過ぎるため、オススメできません。

 特に独自ネットショップを作り込んでいくうえで、この考え方は非常に重要です。

 単純なプラットフォーム上の転売であれば、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、プラットフォームや、その販路で売れている商品ありきで考えること。売れているものから逆算をして仕入れることがポイントです。

 しかし、ネットショップの場合は、集客、ファン化、リピート。この3つのプロセスをしっかり作り込むこと。特にファン化させることが非常に重要です。

 店長がそのテーマに情熱を持っている。語れるものでない限り、お客さんは買いません。ファン化もしません。自分より知識が無い人から物を買いたいという人はいないのです。

 元金の多寡に関わらず、語れるもの。情熱を持って取り組めるジャンルを選ぶことです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-30 | Posted in ネットショップ, ネットビジネス, ハンドメイドComments Closed