無名の個人ネットショップ。どのようにして知名度をあげればよいですか?

副業として個人でネットショップを始めましたが全く知名度が上がりません。知名度が全くないネットショップはどのようにお客さんに来てもらうのでしょうか。広告以外にTwitterやFacebookなどでも宣伝していく形なのでしょうか?

.

一番効果を得やすいのは、やはり広告です。それ以外にも、自分自身が語れるテーマを選び、ソーシャルやブログ様々な場で語って、自分自身に共感してくれる人を集めるというのも効果的です。参考にしてみて下さい。

自分自身が語れる分野、ジャンルを選ぶべきです。

「知名度が全くないネットショップはどのようにお客さんに来てもらうのでしょうか…」とのことですが、一番効果を得やすいのは、やはり広告です。

 また「TwitterやFacebookなどでも宣伝していく形なのでしょうか」とのことですが、こうしたソーシャルメディアやブログなどを活用していくのも、もちろん効果的です。ただし、こうしたソーシャルメディアやブログを活用する場合は、あなたがそもそも記事を書けるのかどうか?という点が非常に重要です。

 そういう意味でも、基本的にはネットショップの商品選びの段階で、自分自身が語れる分野というものを選ぶべきです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、商売の基本は好きなものを突き詰めていくことができる分野を選ぶこと。そういった分野でビジネスに繋げられないかを考えること。これが鉄則です。

情熱を持てる分野はSNSでもブログでも語れる。

 情熱を持てる分野であればソーシャルでもブログでも、いくらでも語ることができます。例えば楽器のマニアや楽器好きであれば、楽器のことについていくらでも語れるもの。

 ネットショップの場合、その語った内容に共感してお客さんの数は増えていきます。ですから、コツとしては自分自身が情熱を持って語れるテーマやジャンルを選ぶべきです。

 また特にネットショップなどは、その分野で稼ごうと思えば深い商品知識も必要になります。

・もともと好きで深い商品知識を持った分野を選ぶか否か。
・ある程度、脳内にデータベースとして売れ筋商品の知識がある分野かどうか。

 この違いは、戦い方も、稼ぐスピードも、稼ぐ金額も大きく変えます。

あらゆる媒体で徹底的に語ってアクセスを集める。

 もちろん、プラットフォームを使った輸入転売ビジネスのように、売れている商品ありきで考えること。売れているものを仕入れる。これも一つの方法です。

 ただし、ネットショップのように自分自身でお客さんをつかまえてくる必要のある場では、やはり語れるものを選ぶこと。そして、あらゆる媒体で徹底的にその商品や分野について語ることです。

 語る場はYouTubeでもTwitterでもFacebookでも、どこでも構いません。語ったうえである程度アクセスが集まってきたら、そのアクセスをネットショップに誘導して商品を買ってもらう。基本的にはこういう流れです。

 もちろん、語る内容は商品やその分野だけでなく、自分自身の人生について共感を得てもらうことでも構いません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-25 | Posted in ネットショップ, 稼ぐComments Closed