BUYMAで無在庫販売。クレジットカード上限(限度)額以上に仕入れができない。

副業としてBUYMAなどを通じて海外ネットショップからの輸入転売(いわゆる無在庫販売)をしています。ただ、個人のクレジットカードも上限(限界)があるわけで、限度額以上は仕入れができません。稼ぐ人はこの部分をどのようにクリアしているのでしょうか。やはり利用限度額100万円程度のクレジットカードを複数まわすという感じなのでしょうか。アドバイスお願いします。

.

カードの限度額をひたすら増やすことも一つです。ただし、BUYMA以外にも自分の販路をもう少し拡大する方法を考えること。既存のお客さんともっと繋がりをもって定期的に買ってもらう流れを作る。こういったことに注力するほうが、ずっと賢明でオススメなやり方です。参考にしてみて下さい。

クレカを複数枚持つことは、オススメできない?

「個人のクレジットカードも上限(限界)があるわけで、限度額以上は仕入れができません…」とのことですが、特にBUYMAなどで無在庫販売をやっている限り、この壁には必ずぶち当たります。

「アドバイスお願いします」とのことですが、ある程度の規模で物販ビジネスを行っている人間から言えること。

 それは、BUYMAだけのプラットフォームに依存して販売している段階では、クレジットカードを複数枚持つことは正直オススメできないということです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、もちろん資金繰りのツールとしてクレジットカード(の信用枠)を使いたい場合は、別のクレジットカード会社で審査に申し込む。

 あるいは信頼ある担当者を通すことによって、その上限や限度額を大きくしていくこともできます。

ビジネスは一瞬にして終わる。借金だけが残る。

 無在庫販売的にクレジットカード仕入れで資金をやり繰りする。この方法も一つのやり方ではあります。

 しかし、それはあくまで借金をしながら何とかまわるビジネス。しかもBUYMAという売れる販路が確保されていることが、このビジネスを何とか成立させる最大の要素です。

 では、いざそのBUYMAという販路が絶たれたら、そのビジネスはどうなるのか。そのリスクをしっかりと考えるべきです。

 もちろん商品をさばくキモの部分を失うわけですから、ビジネスは一瞬にして終わります。クレジットカードで仕入れた分を現金化できず、借金だけが残る形になります。

 クレジットカードを使った無在庫販売は、ビジネスが拡大すればするほど、クレジットカードでの仕入額が増え、この多額の借金を背負うリスクが高まります。

 カードの限度額(仕入額)を増やして、借金を増やしながら仕入額を増やす。そのタイミングでBUYMAのアカウントが停止してしまえば全てが終わってしまいます。

カード限度額をひたすら増やすことを考えるより…

 ですから、カードの限度額をひたすら増やすことを考えるよりも

・BUYMA以外にも自分の販路をもう少し拡大する方法を考えること。
・既存のお客さんともっと繋がりをもって定期的に買ってもらう流れを作る。

 こういったことに注力するほうが、ずっと賢明でオススメなやり方です。

 クレジットカードで仕入れをして販路としてBUYMAというプラットフォームを商用利用する。この行為自体が全くダメといわけであはりません。

 ただし、あくまで、自身のコントロールが効きづらい、かなり高リスクなビジネスであることも正しくご理解下さい。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-14 | Posted in BUYMA, せどり, ツール, 無在庫, 稼ぐ, 転売, 輸入Comments Closed