参加費25万円のネットビジネス系の高額塾を検討中。さらにコンサルで50万円です。

いわゆるネットビジネス系の高額塾の参加を検討しています。塾は主に動画や音声などがDVDで送られてきて参加費が25万円。また、塾参加者向けに50万円でさらに、講師から直接コンサルティングが受けられるというもののようです。ビジネスを学ぶうえでこれくらいの金額はやはり妥当なのでしょうか?

.

いわゆるネットビジネス系の高額塾がどんな価格帯だろうと構いません。妥当かどうかは自分自身で判断することです。ただし、発信している側の人間がそれほど頭が良くない。人に教えるという責任ある立場にあるにも関わらず、自分の頭の中が整理できていない。こうした相手から学びを得ようとするのは、なかなか厳しいものがある。これが正直なところです。参考にしてみて下さい。

高額塾がどんな価格帯だろうと構いませんが…。

「ビジネスを学ぶうえでこれくらいの金額はやはり妥当なのでしょうか?」とのことですが、個人的な意見を言えば、いわゆるネットビジネス系の高額塾がどんな価格帯だろうと構いません。妥当かどうかは自分自身で判断することです。

 むしろ、「塾は主に動画や音声などがDVDで送られてきて参加費が25万円。また、塾参加者向けに50万円でさらに、講師から直接コンサルティングが受けられるというもののようです…」という部分が気になります。

 言ってしまえば、この内容からして既に

・発信している側の人間がそれほど頭が良くない。
・人に教えるという責任ある立場にあるにも関わらず、自分の頭の中が整理できていない。

 こういった状況が見て取れます。こうした相手から学びを得ようとするのは、なかなか厳しいものがある。これが正直なところです。

何かを学ぶ時、異なる2つのアプローチが必要に。

 そもそも、何かを学ぶという時、必ずそこには知識レベルを上げるアプローチと、技術レベルをアプローチが、異なる2つのアプローチがそれぞれ存在します。

 別のよくあるご質問「ネットビジネスで起業。コピーライティングで売れる要素が学べるオススメの商材は?」の中で、コピーライティングを学ぶアプローチとして、

 Amazonの中にある本をひと通り読むのが、自動車教習所で言う座学の部分。それらの知識をベースとして実際に書いてみることが実技の部分。もちろん、自動車の運転と一緒で、知識を詰め込むだけでは運転できないもの。知識をベースに実技を通じて技術レベルを上げていくことも求められる

 こういった話を紹介しました。

 これはどんなことを学ぶ場合においても同様のことが言えます。

主催者が理解すれば、まずこの状況は生まれない。

 例えば、受験勉強をする場合も、参考書を呼んで知識を得る時間(知識レベルを上げるアプローチ)と、実際に過去問を解く(技術レベルを上げるアプローチ)は異なります。参考書を読むことと違い、時間内に過去問を解くというのは、言わば反射神経を鍛えるようなもの。これは完全に技術レベルを上げる作業と言えます。

 高額塾の主催者が、

・知識レベルと技術レベルを上げることは、別物だと理解している。
・2つをきっちりと分けて(頭の中で整理して)考えることができる。

 こういった場合に、いわゆる高額塾への参加が25万円で、その後のコンサルティングが50万円でオファーされる。こういった状況は、まず生まれません。

レバレッジきかないなら高額な理由も分かるか…。

 というのも、非常にシンプルな話ですが、

 知識レベルを上げるために25万円で参加する塾(本編)は音声や動画(DVD)がメイン。本来であれば、価値を提供するうえで、音声や動画の複製コストはそれほどかからないもの。レバレッジもききやすいため、主催者側がビジネスとして、それなりに儲けようと思っても、低額で提供できるものです。

 一方で、技術レベルを上げるコンサルティングというのは、対面で一人一人に時間をかけて行われるもの。音声や動画を複製して配信することと違い、全くレバレッジはかかりません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、私自身も実際にビジネスを教えることがありますが、やはりいざ教えるとなると何ヶ月もの時間がかかります。徹底的に何ヶ月もの時間をかけて教える。何度も何度も対面で会い、直に互いの意見を交えながら修正をしていく。ビジネスを教えるというのはそういうものであり、互いにタフさが求められるものです。

・教えることのできる人数や時間には限りがある。
・また、講師(コンサルタント)の時間を多く奪う。

 そのため、高額になって然るべきです。

頭の中が整理されてない人に習うのはナンセンス。

 この前提を踏まえたうえで、

・本来はレバレッジがかかる塾も高額で売ってしまう。
・レバレッジがかからないコンサルも同様に高額で売る。

 この時点で、

・主催者側の頭の中が整理されていないこと。
・はっきり言ってお金を儲けたいだけであることが見て取れる。

 こういったことが言えます。

 また、ネットビジネス系の高額塾も結局は教育ビジネス。その点を正しく理解せず、勘違いしてしまっているとも言えます。

 ビジネスですから、しっかりと価値提供をして、お金を貰う。この行為自体は悪いことではありません。ただし、頭の中が整理されていない人。自分たちが儲けることしか考えていない人に、必死こいて習おうとする。これは、かなりナンセンスであるというのが正直なところです。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-29 | Posted in ネットビジネス, 情報商材、塾、教材Comments Closed