飲食店経営の成功法則やノウハウを教材やコンサルにして販売。売れますか?

飲食店経営の成功法則やノウハウを教材にまとめて情報やコンサルとして販売したら売れると思いますか?

.

あなた自身が飲食店経営で成功していれば、おそらくかなり売れる。これが正直な感想です。参考にしてみて下さい。

飲食店経営で成功していれば、かなり売れる。

「飲食店経営の成功法則やノウハウを教材にまとめて情報やコンサルとして販売したら売れると思いますか?」とのことですが、あなた自身が飲食店経営で成功していれば、おそらくかなり売れる。これが正直な感想です。

 というのも、

・飲食店経営というのは、多くの人が憧れるもの。
・多くの人が飲食で独立したいと思っているもの。

 簡単に言えば、見込み客(生徒)と成り得る人が非常に多い市場と言えます。

 別のよくあるご質問「イベントへの出店以外でも自分のハンドメイドをもっと売りたい。方法を増やしたい」の中で、自分の商品を販売するだけでなく、いわゆる教室ビジネスに事業自体を変えていくことで、教えるモデルのほうが、ビジネス的にもより儲かる。売上や収益も安定しやすい。というメリットを得ることができる。

 こういった話を紹介しました。

 これは多くのビジネス、特に手堅さに欠けるビジネスに共通する原理と言えます。

手堅くないものは誰しもが答えを欲しがっている。

 例えば、ネイルサロン。ネイルサロンは、そのサロン経営で成功している人数よりも、ネイルサロンをやりたいと思う人が圧倒的に多い市場。

 こういった市場においては、自分自身がプレイヤーとしてネイルサロンを経営するよりも、そのネイルサロン経営を教える側にまわること。いわゆる「ネイルサロン経営の成功法則」的な教材を作ることで、

・ターゲットとなる市場が広がる(パイが広いところを相手にできる)。
・見込み客となり得る人数が多くなるため、ビジネスとして稼ぎやすい、成功しやすい。

 こういったことが言えます。

 手堅くないものは、イコールで誰しもが答えを欲しがっているもの。教える対象が手堅くなければ、ないほど、こうした商売はニーズが高く、ビジネスとしても成功しやすくなると言えます。

 例えば、ギャンブルや株式投資、FXなどは、全く手堅いものではない。勝てる人が限られているため、勝つ方法を紹介するニーズは大きいと言えます。

 一方で、それ自体が手堅い(勝つ人が限られていない)もの。

 例えば

・病院経営の成功法則。
・自動車免許に絶対に受かる方法。

 こういった知識やノウハウは、それほどニーズは高くない。手堅くて、誰もが勝てる方法というのは、教える側にまわっても、なかなか稼げないといえます。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-27 | Posted in 儲かる, 情報商材、塾、教材Comments Closed