副業ネットショップで本気で稼ぎたい。韓国アパレルから海苔のネットショップを検討中。

本気で稼ぎたいと思い副業でネットショップを始めることを考えています。韓国に仕入れのパイプやルートがあるので、韓国から仕入れたベビー服や子供服、マタニティグッズなどを扱う予定です。円安の流れにあるのがやや心配です。もし、この服のネットショップが軌道に乗ってきたら、実家が海苔業者なので関連商品の出品も考えています。何かアドバイスお願いします。

.

もし、私があなたと同じ立場にあって本気で儲けたいのであれば、まず間違いなく海苔のネット販売からスタートします。参考にしてみて下さい。

なぜ実家が海苔業者という利点を活用しないのか。

「韓国に仕入れのパイプやルートがあるので、韓国から仕入れたベビー服や子供服、マタニティグッズなどを扱う予定です…」とのことですが、個人的に違和感を覚えるのはこの点です。

・なぜ韓国から仕入れたベビー服や子供服なのか。
・なぜマタニティグッズを扱おうとしているのか。

 この点が大きな疑問です。

 確かに仕入れのパイプやルートはあることは決して悪いことではありません。他に何も勝負できるポイントが無いのであれば、こうしたパイプやルートを活用するのもありでしょう。

 ただし、私があなたと同じ立場にあって本気で儲けたいのであれば、まず間違いなく海苔のネット販売からスタートします。実家が海苔業者であるという利点を最大限活用するところから入ります。

既に揃っているパーツやリソースを最大限活用する

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、基本的にビジネスにおいては、一つの流れができたら、その延長で次のビジネスを展開していくこと。ジャンルを変えて横展開するというよりも、そのジャンルをより深堀りしていくことが基本戦略です。

 実家が海苔業者である、ということは

・海苔を仕入れるまでの全ての過程。
・海苔に関する専門的な知識。海苔業者しか知り得ない情報。
・いかに美味しい海苔なのか。どう美味しい海苔なのか。

 などなど。

 海苔業者を長くやっている人間にしか語れないこと、知り得ない情報が数多くあります。実家が業者であればこうした情報を全て網羅し、ネットショップやネット通販でアピールすることができます。

 既に揃っているパーツやリソースがあれば、可能な限りそれらを活用したビジネスを始めること。「既に自分が持っているもの、自分の範囲内で何かできることはないのか?」を常に問いかけることは、商売の基本でもあります。

トレンドや外部要因に振り回されないことが重要。

 一方で、多くの人が世の中のトレンドや外部要因に振り回されているのも事実です。

・Twitterが流行ればTwitterを必死になって攻略しようとする。
・ネットショップで輸入転売が流行れば自分も輸入転売をしようとする。
・◯◯アフィリエイトが流行れば、自分もいち早くそれを取り入れようとする。

 ただし、こうしたトレンドや外部要因に振り回されていては、なかなか上手くビジネスを立ち上げることもできません。

・自分に何があるか、ブレインダンプする。
・頭の中にある考えを全て紙の上に書き出す。
・何を持っていて、何が活用できるのかを把握する。

 その上で、どういった販路で何が売れるのかを冷静に見極めるべきです。

 もし、どうしても子供服やマタニティグッズを扱うネットショップをやりたいのであれば、

・海苔のネットショップである程度利益が確保できる。
・ネットショップの成り立ちや稼ぎ方が分かる。

 その段階で始めて、今度はベビー服市場をリサーチする。独自のバイプやルートを使って輸入転売ビジネスを始める、といったことを始めても全く遅くはありません。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-25 | Posted in ネットショップ, 転売, 輸入Comments Closed