副業で個人輸入でネット販売するのは遅すぎる?業界は終わり、飽和してると聞きます。

副業で個人輸入でネット販売を、と考えています。ただ、色々と調べていると、業界的にももう終わり。飽和を迎えているといった言葉も目にします。これから副業で個人輸入でネット販売するのは遅すぎるでしょうか?アドバイスお願いします。

.

全くそんなことはありません。むしろ、輸入に限らず個人がネットで販売する時代はまだ始まったばかりです。

個人がネット販売する時代はまだ始まったばかり。

「これから副業で個人輸入でネット販売するのは遅すぎるでしょうか?」とのことですが、全くそんなことはありません。むしろ、輸入に限らず個人がネットで販売する時代はまだ始まったばかりです。

「色々と調べていると、業界的にももう終わり。飽和を迎えているといった言葉も目にします…」とのことですが、いわゆるネットビジネスと呼ばれるような業界では、よく

「もうこの業界は終わり」
「この業界は飽和を迎えている」

 こういった話がされます。しかし、それらはあくまで

・陳腐な手法が飽和しているだけ。
・特定のその商品が飽和しているだけ。

 だけに過ぎません。

小手先のテクニックやノウハウ、方法論は飽和。

 これは別のよくあるご質問でも紹介しましたが、いわゆる塾や教材、スクールで言われるような内容、小手先のテクニックやノウハウ、手法、方法論は飽和していると言えます。小手先のテクニックやノウハウ、方法論が乱立する。それを真似するプレイヤー(フォロワー)が市場に溢れ、同じ手法で稼いでいた人は皆稼げなくなっています。

 実際、本質からズレた方法で短期的に稼ぐ方法を教えるネットビジネスの塾やスクールは存在します。しかし、こういった場で学んで実践した人も、運良く小銭は掴むことはできても、その後その方法で稼ぎ続けることはできていません。

 よっぽど商売の原理原則や普遍的な内容。商品ごとの戦略や戦術。こういったことを教えてくれる人に出会っていない限り、教材や塾で言われている内容は飽和した。プレイヤーたちも全く稼げていないと言えます。

法規制も無い。やりたい放題のノールール状態。

 一方で、商売の原理原則や普遍的な内容を学ぶ。商品ごとの戦略や戦術を正しく理解して、いまなお輸入に限らず、個人のネット販売、ネットビジネスで稼ぎ続けている人がいるのも事実です

 もちろん個人がネットで販売することは、終わりも飽和も迎えていません。個人がネット販売する流れは、ここ数年の話。まだ始まったばかりです。

 始まったばかりだからこそ

・今はほとんど法規制も無い。
・言わばやりたい放題のノールール状態。

 です。

 確かにこういった状況は、これからこの業界や市場が拡大していくにつれて環境が変化していくでしょう。法規制など、どんどんと出てくると思います。ただし、繰り返しになりますが、個人がネット販売する時代は終わりも飽和も迎えていません。まだまだこれからの市場や業界です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-18 | Posted in せどり, ネットビジネス, 稼ぐ, 転売, 輸入Comments Closed