中国輸入。正規代理店から本物を輸入しても通関で偽物と疑われないか心配です。

中国輸入ビジネスに関する質問です。中国にある正規代理店(100パーセント本物です)から商品を輸入したいと考えています。ただ、この仕入れに関して通関で商品が偽物と疑われることがないか心配です。

.

真贋の証明がついた商品が偽物として通関で止めらることはありません。また、仮に疑われてしまったとしても、証明できるものを提示するだけのこと。問題なく日本に輸入することが可能です。

偽物として通関で止められることはあり得ません。

「ただ、この仕入れに関して通関で商品が偽物と疑われることがないか心配です…」とのことですが、例えば中国のデパートなどで購入して、その商品が100パーセント本物だと分かるなら、通関で偽物だと思われてしまうことはあり得ません。

 こうした商品の輸入に関しては、必ずインボイス(物品を送るときに税関への申告、検査などで必要となる書類)や、何らかの証明書が一緒に付いてきます。

 特に中国のような場所で、本物の商品を販売している。こうした正規代理店であれば、中国で売られているその他の偽物と一緒にされたくないもの。そのため、かならず真贋(しんがん)の証明書をつけます。

 そうした証明がついた商品が偽物として通関で止めらる。こういったケースは考えられません。また、仮に疑われてしまったとしても、証明できるものを提示するだけのこと。問題なく日本に輸入することが可能です。

 参考にしてみて下さい。

 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-16 | Posted in せどり, 中国輸入, 転売, 輸入Comments Closed