イギリスに4年在住。経験を活かしイギリスから日本への輸入転売ビジネスをしたい。

ネットビジネスとして輸入転売ビジネスを考えています。イギリスに4年間住んでいたことがあります。イギリスという国がとても好きで、イギリス製の商品も個人的にもとても気に入っています。日本からくる観光客や転勤妻の方などからは、バーバリーやキャス、ウェッジウッドなどがとても人気でした。イギリスから輸入するビジネスを考えています。次のステップとして何をすべきかなど、アドバイスをお願いします。

.

「この商品なら売れるかもしれない」という仮説を立てたら、次のステップとしてはテスト販売をしてみること。また、何が日本で認知されているか、イギリスからは何が供給できるかを見極め、そのギャップを埋めることです。参考にしてみて下さい。

仮説を立てたら、次はテスト販売をしてみること。

「イギリスに4年間住んでいたことがあります。イギリスという国がとても好きで、イギリス製の商品も個人的にもとても気に入っています…」とのことですから、イギリスにあるものや、日本人に人気の商品をよくご存知だと思います。

 これまでの経験から

・ある程度、売れる見込みのある商品。
・転売の候補となるような商品。

 こういった商品の目星もついている(あるいはこれから探しあてる)可能性が高いと思います。

 既に「この商品なら売れるかもしれない」という仮説が立っているなら、次のステップとしてはテスト販売をしてみること。実際に日本人が多く集まるヤフオクやAmazonなどのプラットフォームに商品を登録してみることです。

 そこで、実際に商品が売れるかどうか。自分の仮説が正しいかどうかを判断してみるのがオススメです。

日本に認知されているが供給がないものを埋める。

 その他、例えば

・ターゲット層が読む雑誌を見る。
・そこで紹介されている、いわゆるメディアが誘導している商品を見る。
・その中から日本未入荷の商品があれば、英国の人脈を利用して転売をする。

 こうやって候補となりそうな商品を見つけて仮説を立てる。仮説が正しいかどうか、またプラットフォーム上に登録して売れるかどうかを検証してみること。この繰り返しが重要です。仮説検証を繰り返す中で、もし日本未入荷の商品が売れることが分かれば、その段階で独占販売できないか交渉してみるのも効果的です。

 ただし、仮に日本未入荷であっても、

・メディアなどで紹介されていないもの。
・日本人にとって無名なブランド。

 こういった日本で全く認知されていない商品は、なかなか売るのが難しいためご注意下さい。

・日本で何が認知されているか需要を見極めること。
・一方でイギリスからは何が供給できるかを見極めること。

 この需要と供給のギャップを埋める作業が、いわゆる転売や輸入ビジネスの仕事です。こうした思考をもって商品リサーチやテスト販売をしていけば、徐々に成果を出ていくと思います。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-16 | Posted in Amazon, せどり, ネットビジネス, ヤフオク, 転売, 輸入Comments Closed