中国輸入転売。仕入れ資金5万円を1種類の商品に全て使うか何種類かに分けるべきか?

副業として中国輸入転売ビジネスを始める予定です。最初は5万円以下の低資金から回していく予定です。価格差があり、売れ行きなどもある程度読めそうな商品は既に何点かピックアップ済みです。あとはどのルートでどれほど仕入れ、どこで販売するかを悩んでいるところです。そこで質問ですが、仮に5万円の仕入れ資金があるとしたら、1種類の商品で5万円全てを使うべきか、あるいは5万円の仕入れ資金を何種類かの商品に広く浅く割り振るべきでしょうか?

.

最初なので当てずっぽうで、いきなり1商品を5万円分というのは、あまりオススメできません。分散して可能な限り広く浅く商品を仕入れること。まずは目星をつけた商品をまずは1個ずつ数種類仕入れて、実際に売れるかどうか確かめることが重要です。

いきなり1商品に仕入れ資金を全て使わないこと。

「仮に5万円の仕入れ資金があるとしたら、1種類の商品で5万円全てを使うべきか、あるいは5万円の仕入れ資金を何種類かの商品に広く浅く割り振るべきでしょうか?」とのことですが、最初なので当てずっぽうで、いきなり1商品を5万円分というのは、あまりオススメできません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、小さく始めてテストを繰り返すことができるのがインターネット(ビジネス)の良い点であり、基本戦略です。そのメリットを最大限活用すべきです。

 これから中国輸入転売を始めるのであれば、まずは売れる商品をリサーチするのが先決です。そのためにも、

・いきなり1商品に仕入れ資金を5万円使ってしまわないこと。
・分散して可能な限り広く浅く商品を仕入れること。
・ある程度、目星をつけた商品をまずは1個ずつ数種類仕入れること。

 これが重要です。

・その後、仕入れた商品をヤフオクでもAmazonでも販路となるプラットフォームに登録すること。
・そして実際に顧客の反応を見てテストを行うことです。

仮説が当たったタイミングで初めて集中投資を。

 商品を仕入れて登録するところまではあくまで仮説の範囲。実際にプラットフォームで登録した商品が売れ、自分自身の仮説が当たったタイミングで

・より多く売れる(稼げる)見込みのある商品に集中投資をすること。
・回転率も良く利益率も高い商品に絞って資金を投下していくこと。

 このアプローチがオススメです。

「価格差があり、売れ行きなどもある程度読めそうな商品は既に何点かピックアップ済みです…」とのことですが、こうやって過去のデータから現在や未来を予測して仮説を立てるアプローチが大切です。

 ただし、これらの仮説もあくまで過去のデータから導き出したもの。しかも、過去にデータと全く同じ状況を作り出すことは不可能です。

 たとえ同じ商品を仕入れたとしても、

・データとして残った時と販路や仕入れルートも微妙に違う。
・仕入れ価格や競合の価格設定、市場動向も微妙に違う。

 ですから、過去のデータ通りの「売れる」、「儲かる」という結果が出る保証はどこにもありません。あくまで「儲かるかもしれない」候補となる商品を仕入れて(仮説を立てて)出品する(仮説を検証する)ことしかできません。

・そうやって過去のデータから仮説を立てること。
・ある程度、仮説が組み立てられたら、今現在はどうなるかを市場でテストすること。

 こうすることで、自分だけのデータを手にすることができます。

 そのデータを基に

・追加の仕入れを行うかどうか。今後も継続して販売するべきか。
・あるいはその商品は見切りをつけて別の商品を探すべきか。

 こういったことを判断する。このアプローチが非常に重要です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-13 | Posted in Amazon, せどり, ネットビジネス, ヤフオク, 中国輸入, 儲かる, 転売, 輸入Comments Closed