コピーライティングでNot readやNot believeの壁を超えるとか意識しますか?

コピーライティングをする時にNot readやNot believe、Not actの壁を超えるとか意識しますか?実際、セールスレターやステップメールを書く時、どんなことを意識していますか?

.

実際に書く時は、要素やパターンを全て無視して書きます。参考にしてみて下さい。

この手の要素やパターンを全て無視して書きます。

「コピーライティングをする時にNot readやNot believe、Not actの壁を超えるとか意識しますか?…」とのことですが、

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、コピーライティングは天性で書ける人は書けてしまうもの。私自身、はっきり言ってしまえば、実際に書く時は、要素やパターンを全て無視して書きます。そういった要素を意識して書いた文章よりも、天性の感覚で書いた文章の方が売れてしまう。これもコピーライティングの真実です。

 セールスレターやステップメールを書く時も同様に「どうやってNot readの壁をどう超えるか?」などを意識して文章を書くことはありません。

 もちろん、これは私に限った話ではありません。

・独自のコンテンツを豊富に用意しているネットショップの店長。
・上手い商品説明文で、ヤフオクでかなり稼いでいる人。

 こういった人も商品販売ページや説明ページを書く際に「Not readの壁をどう超えるか?」などを、いちいち考えているかと言うと、まず念頭にありません。

ターゲットに意識を置くことのほうがずっと重要。

 また「実際、セールスレターやステップメールを書く時、どんなことを意識していますか?」とのことですが、

 強いて言えば、ターゲットについてはよく考えます。個人的には、要素やパターンよりも、ターゲティングに意識を置きながら文章を書くことのほうがずっと重要だと考えています。

 例えば、女子高生向けに美容系のコンテンツを販売するセールスレターやステップメールを書く場合は、

・その表現は、果たしてターゲット属性の美的感覚にマッチするのか?
・丁寧なリサーチから、ターゲットの感覚が掴めているかどうか?

 といった具合です。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-18 | Posted in コピーライティング, メルマガComments Closed