タオバオで仕入れて日本のAmazonで売る。この方法で大きく稼ぐことはできますか?

輸入転売やせどりビジネスに興味があります。中国のタオバオで仕入れて日本のAmazonなどのプラットフォームで売る。こういう方法で大きく稼ぐことはできるのでしょうか?

.

そもそもタオバオを使ったせどりや転売はあまり推奨できません。小売から買って小売で販売する。これでは差別化も大きな利幅も狙えません。

タオバオを使うせどりや転売は推奨できません。

 そもそもタオバオを使ったせどりや転売はあまり推奨できません。

 C2C(一般消費者と一般消費者の間の取引)であるタオバオから仕入れて、日本のプラットフォームなどで販売する。これは小売(誰でも買える場)で買って、小売(誰でも売れる場)で売ることを意味します。店舗で買い付けて、Amazonで売るような店頭せどりと何ら変わりません(店舗せどりの海外延長版に過ぎません)。

 しかし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、商売の基本というのは安く仕入れ、仕入れたものに対して付加価値を付けて高く販売すること。それがライバルとの差別化や利幅を大きくすることにもつながります。

 例えば、調理師であれば調理師という目線からオススメできるフライパン、キッチン用品に特化した物販を行う。調理師の知識を活かして、付加価値をつけ、ライバルよりも高く売れる(利幅が大きくなる)販売方法をとってみる、これが商売の原則です。

商品の独自仕入れルートを作る。卸から仕入れる。

 一方で、単純に小売から買って小売で販売する。こういったせどりや転売は、誰でも買えるところから、誰でも売れるところで売るもの。なかなか差別化にも大きな利幅を稼ぐことにもつながりません。

 そうではなく、例えば

・中国の現地で行われている展示会に行く。
・現地まで行って、実際にコネクションを作って商品の独自仕入れルートを作る。
・あるいは小売ではなく、アリババなどB2Bの市場で仕入れ業者を見つける。

 こういった工夫が大切です。

「小売から買って小売で販売する」の壁を超える。

「誰でも買える場で買って」の壁を超え、自分独自の商品を仕入れて差別化すること。また、小売ではなく卸から仕入れることで、仕入れ値を抑え、大きな利幅を狙うこともできます。

 加えて、仕入れた商品を小売で販売する場合も、例えば特定の切り口を考えてネットショップを作ること。「15キロやせた私が使ったダイエットグッズ」など、しっかりとしたコンセプトを考えて付加価値をつけて販売することがポイントです。

 こうすることで、単なる「小売から買って小売で販売する」といったせどりや転売の壁を超え、本当の意味でのビジネスを作り込むことができます。当然、稼ぎも大きく伸ばすことができます。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-04 | Posted in Amazon, アリババ, せどり, タオバオ, ネットショップ, 稼ぐ, 転売, 輸入Comments Closed