転売ビジネスを実践中。経験値を上げるためアフィリエイトにも取り組みたい。

転売ビジネスをやってきましたが、ビジネスの幅を広げたり、経験値を上げるうえでもアフィリエイトにも取り組みたいと思っています。これまでの転売ビジネスの経験をアフィリエイトに上手く活かすことはできますか?

.

転売ビジネスとアフィリエイトを上手く組み合わせることで、アフィリエイトでも成果は出やすくなります。参考にしてみて下さい。

転売とアフィリエイトを上手く組み合わせること。

「これまでの転売ビジネスの経験をアフィリエイトに上手く活かすことはできますか?」とのことですが、転売ビジネスとアフィリエイトを上手く組み合わせることで、アフィリエイトでも成果は出やすくなります。

 例えば、個人的にこういったケースでオススメなのが

・転売ビジネスでフロントエンド商品を売ってリスト構築。
・転売で集めた顧客リストに対してアフィリエイト商品をオファー。

 こうした形です。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、通常、アフィリエイトというのは、その特性上、基本的にはブランディングされていない商品を取り扱うもの。全く認知されていない商品を、ほとんどゼロの状態からブランディングしていく必要があります。

 いきなり難易度の高いアフィリエイトから入っても、なかなか商品が販売できずにつまづいてしまうもの。一方で、フロントエンドとして、まずはある程度ブランディングされた商品を扱うこと。こうすることで、これはアフィリエイト単体で稼ぐよりも、非常に稼ぎやすくなります。

転売ビジネスをフロントエンドとすることで…。

 アフィリエイトが認知されていない商品を扱うのに対して、転売ビジネスの場合は基本的に、ある程度ブランディングや認知が進んだ商品を取り扱うケースがほとんどです。

・広く認知されていないような無名の掃除機をアフィリエイトするのか。
・あるいはブランドが確立しているダイソンの掃除機を売るのか。

 こう考えるだけでも、フロントエンドの売りやすさが全く異なることが分かります。

 また、転売ビジネスをフロントエンドとすることで、

・相手がどんな商品を買っているのか分かる。
・潜在的にどんな欲望を抱えているのか想像しやすい。直接聞ける。

 こうした状況を作り出すことができます。

関連したアフィリエイト商品をオファーしていく。

 例えば、フロントエンドでダイソンを買ったお客さんは

・わざわざダイソンを買った理由が何かあるはず。
・部屋を片付けたい。部屋が広くて掃除に困っている。
・花粉症である、家に猫がいてハウスダストが気になる。

 などなど。

 ダイソンを買った裏側には、様々な潜在的な欲求。解決したい問題を抱えています。こういったお客さんに対して関連したアフィリエイト商品をオファーしていくこと。

 こうすることで、

・ターゲティングが明確な相手にアフィリエイト商品をオファーできる。
・一度、取引したという信頼関係をベースにオファーができる。
・ヒアリングするなど、クローズドな関係から提案できる。

 こういった点から、アフィリエイトの成約率を高める。あるいは、その後にアフィリエイトサイトを作る際のコンテンツのヒントも手にすることができます。

 ダイソンというのはあくまで一例ですが、より相手の欲求が明確なフロントエンド商品を置くことができれば、その後のアフィリエイトの成約率も高めていくことができます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-11 | Posted in アフィリエイト, 稼ぐ, 転売Comments Closed