ダイレクトレスポンスマーケティングで最も重要なことはなんですか?

ダイレクトレスポンスマーケティングで最も重要なことはなんですか?スパムメールのように広告やメルマガを送ることがダイレクトレスポンスマーケティングですか?

.

これはもう間違いなくヒアリング(聞くこと)です。参考にしてみて下さい。

これは間違いなくヒアリング(聞くこと)です。

「ダイレクトレスポンスマーケティングで最も重要なことはなんですか?”」とのことですが、これはもう間違いなくヒアリング(聞くこと)です。

「ダイレクト(に)レスポンス(をとる)マーケティング」という名の通り、ダイレクトレスポンスマーケティングの一番良い点は、ユーザーから直接聞けるところ。

 ユーザーの情報を吸い上げて、ユーザーの状況に合った提案ができる。これが、ダイレクトレスポンスマーケティングの良さであり、一番重要なポイントと言えます。

・何かしらの方法で、ユーザーとのつながりを持つ。
・ユーザーの欲望やニーズが聞ける状態を作り出す。
・ユーザーと直にやり取りできる点が本質。
・これをDMを使ってレバレッジをかけるモデル。

 これがダイレクトレスポンスマーケティングとも言えます。

ダイレクトレスポンスマーケティングでは無い。

 また「スパムメールのように広告やメルマガを送ることがダイレクトレスポンスマーケティングですか?」とのことで、確かに、ダイレクトレスポンスマーケティングと言いながら、

・実態は一方的にメッセージを送るだけ。
・ヒアリングはせずに、スパムメールのようにメールや広告を送るだけ。

 こうしたビジネスを行っている会社もあります。

 しかし、こういった一方的にスパムのようにメールや広告を送るモデルは、はっきり言ってダイレクトレスポンスマーケティングではありません。

 ユーザーにヒアリングして(聞いて)いない、読者の反応を見ていない時点で、ダイレクトレスポンスマーケティングの意味が全く無いとも言えます。

「サポートすればするほど売上は上がる」が本質。

 よく、ダイレクトレスポンスマーケティングの世界では、サポートをすること。サポート体制を整えると一気に売上が上がると言われます。

 これは「ダイレクトレスポンスマーケティングは、聞いて欲しいお客さんがいっぱい集まるモデル」だからです。

「サポートをすればするほど売上は上がる」。これは、ダイレクトレスポンスマーケティングにおける本質的をかなりついているキーワードです。

 一方で、多くの会社がこのサポート部分を軽視し過ぎています。

 商品を売ることがダイレクトレスポンスマーケティングだと思っていますが、サポートをすることのほうが、よほどダイレクトレスポンスマーケティングだと言えます。

どうサポートするかのノウハウが最も重要な分野。

 商品を販売するよりも、買った人をどうサポートするのか。そのノウハウが最も重要な分野。

 実際、売り切り型のビジネスモデルを展開している会社がありますが、そうではなく

・既存顧客をしっかりフォローアップしてヒアリングすること。
・それらの欲求をもとに既存の商品をアップデートしていくこと。
・バージョン2.1、2.2といった具合に改善していくこと。

 こういったことをしていかない限り、スパムメールを送るモデルと何ら変わりません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-08 | Posted in ダイレクトレスポンスマーケティング, メルマガComments Closed