起業で成功。誰もが憧れる良い生活をしていたのに今は貧しいっていう人って多い?

起業して成功し、誰もが憧れるような良い生活をしていたにも関わらず、徐々に儲からなくなる。最終的にはお金が無くなって今は貧しい暮らしをしている。こういう人って多いですか?

.

これは実際かなり微妙。必ずしも多くは無いというのが正直なところです。参考にしてみて下さい。

必ずしも多くは無いというのが正直なところです。

「こういう人って多いですか?」とのことですが、これは実際かなり微妙。必ずしも多くは無いというのが正直なところです。

 真実を話すと、1回起業して成功しお金を稼いだことがある。こういう人が、もう一度お金を稼ぐ方法は山のようにあります。

 例えば、「私は1回も失敗したことがありません。会社を倒産させたこともありません。だけど月収は50万円しかありません」こういった人の話。

 一方で「私は一度1,000億円の通販企業を作りました。しかし、キャッシュフローが悪くなり、手形が落ちなくなって、最終的には会社を倒産させてしまいました」こういった経験を持つ人の話。

 どちらの話しを聞きたいのかということを考えれば、答えは明白です。一度でもお金を稼いだという事実だけで人が寄ってくるものです。

普通のサラリーマンよりは、ずっと良い暮らしを。

 実際、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のモデルとなったジョーダン・ベルフォートは、今ではモティベーショナル・スピーカーとして世界中で講演を行って稼いでいます。また、かつてはヒルズ族として知られ、その後逮捕されてしまった有名な実業家も、今なお、自身メルマガやサロンには多くの人が集まっています。

 また「最終的にはお金が無くなって今は貧しい暮らしをしている…」とのことですが、これもお金にフォーカスしていれば、以前のような暮らしはできなくても意外と良い暮らしはできるもの。

 少なくとも普通のサラリーマンよりは、ずっと良い暮らしができてしまうのも事実です。

 加えて、過去にある程度稼いだことがあるという人は、それなりの税金を支払ったとしても、かなりの蓄えが残ります。それだけで、それなりに良い暮らしをして生き残っている人も多くいます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-31 | Posted in メルマガ, 稼ぐ, 起業、独立Comments Closed