Yahoo!ショッピングに出店も1日おきに注文が入る程度。成約率は10%もいかない。

Yahoo!ショッピングに最近、ネットショップをオープンさせました。ただ、注文は1日おきに入る程度。毎日は無いですし、売上も伸び悩んでいます。アクセスに対する成約率も低く、成約率で言えば10パーセント程度は目指したいところですがなかなかそうもいきません。こんな状況ですが、どこをどう改善していけば、売上が伸びていくでしょうか?

.

あまり納得がいっていないようですが、これはかなり凄いのでは?というのが正直な感想です。参考にしてみて下さい。

これはかなり凄いのでは?というのが正直な感想。

「Yahoo!ショッピングは最近オープンして1日おきに注文が入ります」とのことですが、あまり納得がいっていないようですが、これはかなり凄いのでは?というのが正直な感想です。

 1日おきに注文がはいるということは、

・1回の注文が仮に1個だとしても月間で15個。
・年換算すると180人くらいはネットで新規のお客さんをつかまえている。

 これは、開業したてのネットショップとして、かなり流行っていることを意味します。

 私自身もYahoo!ショッピングを利用しているので、よく分かりますが、出店したてのショップでこれだけ売れるというのは

・出品している商品がかなり良い。
・商品の競争優位性がある可能性が高い。

 こうしたことが考えられます。

 この場合、ネットショップのコンテンツとして

・もっと商品を作る過程をコンテンツとして開示していく。
・商品のブランドストーリーを作ってネットショップに載せていく。

 こうしたことをするだけで、まだまだ十分に売上を伸ばしていくことができます。

総じてネットに対する期待値が過度に高すぎる。

 また、「成約率で言えば10パーセント程度は目指したいところですが…」とのことですが、これはネットショップに限らず、ネットビジネスを始めたばかりの人から相談を受けるといつも思うことですが、

・総じてネットに対する期待値が過度に高い。
・常識的に考えて、不可能な数字が取れるものだと思っている。
・成約率10パーセント程度は普通に出るはずと思っている。

 こうした傾向があります。

 ただし、成約率の話だけで言っても、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、一般的に成約率で1パーセント出ればかなり良い数字です。仮に1日に1,000アクセスあれば、そのうち10人が商品を買う(顧客に転換できる)。こういったネットショップはかなり優秀です。

 もちろん、既存顧客のリストに対してオファーするなどしない限り、なかなか10パーセントの成約率が出るということはあり得ません。

 同様に「Yahoo!ショッピングは最近オープンして1日おきに注文が入る」。これも、かなりの凄いことです。

 1日おきにしか注文が入らないのは大したことがないと思っているのであれば、それは大きな誤り。普通に考えて、かなりエグい状況が出ているものだと、ご理解下さい。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-28 | Posted in ネットショップComments Closed