Amazonに出品しているショップが全て撤退したらAmazonは潰れますか?

現在小さなネットショップを運営しています。Amazonはどんどん業績が上がっていますが、例えばAmazonに出品しているショップが全て撤退。それぞれが独自ネットショップやホームページを作ったとしたらAmazonは潰れるのでしょうか?そして、Amazonから撤退して独自ネットショップを作ったところは、また以前のような売上を回復できると思いますか?

.

もはやSFの世界。何も見えていない。これが正直な感想です。参考にしてみて下さい。

もはやSFの世界。何も見えていないと感じます。

「Amazonは潰れるのでしょうか?そして、Amazonから撤退して独自ネットショップを作ったところは、また以前のような売上を回復できると思いますか?」とのことですが、

 もはやSFの世界。何も見えていない。これが正直な感想です。

「現在小さなネットショップを運営しています…」とのことですが、個人でネットショップを運営して本気で儲けたい。もし、そう思うのであれば世の中のこと、企業のことをもっと知ること。これが非常に重要です。

 冷静に判断してAmazonが潰れるわけがありません。これは断言できます。むしろ、今後はAmazonに全てのものが一極集中していく流れになります。全てのものをAmazon経由で買う。そんな勢いがAmazonにはあります。

Amazonに一極集中した時にどうやって戦うか。

 こういった流れを踏まえて、Amazonに一極集中したタイミングで私たちがどう戦うのか。Amazonができていないことを全て書き出して、Amazonがやっていないことをやる必要があります。

 仮にAmazonに全てが一極集中していったとしても、全員がAmazonで物を買うわけではありません。また、全てをAmazonが賄いきれるわけでもありません。

 書籍や家電量販店が扱ってるような、いわゆるコモディティ商品に関してはAmazonには勝てないでしょう。こういったものを同じように扱っても、まずAmazonに勝つことはできません。

いかに独自性のあるコンセプトを作れるのか。

 一方で、コモディティ化されていなオリジナル商品の場合は、Amazonと協調路線でビジネスをすることができます。

 今後は、ショップを作って強いというよりも、いかに独自性のあるコンセプトやオリジナル商品を作ることができるのか。これが非常に大事になります。

・基本的にはAmazonと協調路線を歩むこと。
・Amazonのやっていない部分を補完する仕組みをこちらで作ること。

 こうしたことが重要です。

 Amazonが潰れる、無くなるというのはもはやSFの世界。仮にAmazonが無くなる瞬間があるとすれば、中国のグレートファイアウォール(ネット検閲システム)のような場合のみ。

・Amazonが入ってくることで国の産業が潰れる。
・産業保護の観点から、Amazonのドメインを国が消す。

 こうしたことが起こらない限り、まずあり得ません。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-04 | Posted in Amazon, ネットショップComments Closed