ベンチャー企業を経験してから起業するメリットって何ですか?

将来起業を考えていますが大卒でいきなり起業するのではなく、一度ベンチャー企業に就職してから起業という選択肢も考えています。一度、会社に入って経験を積んでから起業する。この場合のメリットはどんなものがあるのでしょうか?やはり起業時にコネクションを作れる点でしょうか。

.

会社員時代のコネクションを全て持って独立できる。ゼロから開拓することと比較して、ビジネスとして安定させやすい。これは社会人経験を積んでから起業するメリットの一つです。参考にしてみて下さい。

会社員時代のコネは独立時の大きなメリットに。

「やはり起業時にコネクションを作れる点でしょうか…」とのことですが,確かにこれは、一度社会人経験を積んでから起業する場合の大きなメリットです。

 特にベンチャー企業などで社会人経験を積む場合、大卒でそのまま起業する場合と比較して、

・会社員時代のコネクションを全て持って独立できる。
・ゼロから開拓することと比較して、ビジネスとして安定させやすい。

 こういったメリットがあります。

 例えば、BtoB(法人営業)の営業マンとして、様々な取引先とコネクションを作っておく。独立後、そのコネクションを活かしてビジネスを開拓する。新しいビジネスを生み出していくこともできます。

 これはベンチャーなどで社会人経験を積んでから起業する最大のメリットのメリットとも言えます。

 また、別のよくあるご質問で紹介しましたが、ベンチャー企業を経験することで、社長の動向から経営的な部分、エンドユーザーの動向まで全て見える。貴重なデータを日々もらいつつ、一応、死なない程度にお金はもらえる。

 こうした様々なデータを手にできるというメリットもあります。併せて参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-03 | Posted in 起業、独立Comments Closed