ネット通販で有機野菜の販売。上手く売るコツ、オススメのやり方を教えて下さい。

夫がネット通販で自家栽培の有機野菜の通販を計画しています。ただ、野菜の通販といっても決して簡単では無いと思います。ネット通販で有機野菜の販売。上手く売るコツ、オススメのやり方、何でも構いません。何かアドバイスやヒントを頂ければ幸いです。最初はやはりある程度の集客力があるヤフオクなどから出品していくべきでしょうか?

.

野菜の販売、しかも農薬を使わない有機野菜の販売であれば売れるチャンスは十分にあります。参考にしてみて下さい。

いくらでも訴求可能なネットショップという場。

「ネット通販で有機野菜の販売。上手く売るコツ、オススメのやり方、何でも構いません。何かアドバイスやヒントを頂ければ幸いです…」とのことですが、野菜の販売、しかも農薬を使わない有機野菜の販売であれば売れるチャンスは十分にあります。

 もちろん

・「キャベツを作りました」と言って、キャベツの写真を撮る。
・「うちで穫れたキャベツです」とネットショップに掲載する。

 こういった具合に普通に販売しても、なかなか売れません。どこの誰のものだか分からない野菜は誰も買いません。

 ただし、こういった状況において

・いくらでも訴求方法がある。
・様々な切り口を展開できる。

 これがネットショップの良いところでもあります。

野菜が出来るまでの過程を全てレポートすること。

 例えば、仮に私自身が野菜を栽培して本気で売っていこうと思う。その場合には、まずは野菜が出来るまでの全ての過程をレポートするところから始めます。

・苗を植えているシーンから全て写真で画像化していく。
・キャベツ一つをとっても、そのキャベツが収穫を迎えるまでをレポートする。
・ブログやTwitterなどのソーシャルメディアを通じてそれらを発信する。
・そうやって収穫までの過程をレポートする。
・そしてその野菜が「やっと食べ頃になりました」というタイミングで販売をする。

 こうやって集客までの過程を全てレポートすること。途中経過をレポートするあいだに、フォロワーがつけば、当然その野菜は売れやすくなります。

 こうしたレポートは一例に過ぎません。イベント感をいかに出せるか。これはネットショップで上手く商品を販売するうえで非常に重要なポイントです。

 そういう意味でも、

・商品説明のスペースが限られている。
・ただ単に商品画像が並ぶだけ。

 こういったプラットフォームよりも、

・好きなだけ情報が載せられる独自ネットショップという場をフル活用すること。
・手間ひまかけて有機野菜を作っていることが全て伝わるような場を作り出すこと。

 これらも重要なポイントです。

販路との相性的にヤフオクでは野菜は売れません。

 また「最初はやはりある程度の集客力があるヤフオクなどから出品していくべきでしょうか?」とのことですが、正直プラットフォームとの相性を考えても、ヤフオクでは野菜は売れません。

 野菜を買う立場になって考えれば分かりますが、なかなかヤフオクという場で野菜は買わないものです。どうしてもオークションを、ということであれば楽天などを利用するなど、相性の良いプラットフォームを見極めて活用すべきです。

 加えて、せっかく独自ネットショップでキャベツの過程や経過をレポートしても、そのサイトを見てくれる人がいなければ意味があります。もちろん、広告を打っていくという選択肢もありますが、楽天やオークションストアなどを組み合わせて活用するというのも効果的です。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-21 | Posted in ネットショップComments Closed