輸入転売ビジネス。小資本ではテストもあまりできず知識や経験を得るまで時間がかかる?

副業でこれから個人で輸入転売ビジネスに参入したいと思っています。転売ビジネスは、その取引回数を重ねるほどに知識や経験が身に付くことは理解しているつもりです。資金が潤沢にあれば、いきなり大金を使って仕入れを行ったり、取引回数も多くこなす。そうやって必要な知識や経験を得るのに、それほど時間はかからないと思います。ただ、私の場合、現実問題として手元資金は決して豊富ではありません。そのため、いきなり大きな資金を使って仕入れをすることや、十分な知識や経験を得るほど取引回数を重ねるまでに、かなり時間がかかってしまうと思います。この壁をどうクリアしていけばよいでしょうか。

.

決して大きな資本が無くても、テストや取引回数は重ねることは可能です。ネットビジネスをスタートする以上、手元資金が無いことは、あまり理由になりません。むしろ、手元の資金の多い少ないに関わらず、必ず小資本でテストを繰り返さなければならない。これがインターネットビジネスとも言えます。参考にしてみて下さい。

小資本でもテストや取引回数は重ねることが可能。

「十分な知識や経験を得るほど取引回数を重ねるまでに、かなり時間がかかってしまうと思います。この壁をどうクリアしていけばよいでしょうか…」とのことですが、決して大きな資本が無くても、テストや取引回数は重ねることは可能です。

「資金が潤沢にあれば、いきなり大金を使って仕入れを行ったり、取引回数も多くこなす。そうやって…」とのことですが、全くそんなことはありません。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、小さく始めてテストを繰り返すことができるのがインターネット(ビジネス)の良い点です。そのメリットを最大限活用すべきです。

・例えば、広告費わずか数円でもテストができます。
・集客が完了したプラットフォームに、テスト販売的に無在庫で登録。仕入れゼロでその反応を見ることもできます。
・店舗や設備が必要となるオフラインのビジネスと違い、本当に自己資金ゼロ円で始められます。
不要品という(仕入れ値)原価ゼロ円のものを売ることで、リスク無く確実に収益をプラスにすることもできます。
原価ゼロ円である自分自身を資本として労働すれば、ゼロから収益を生み出すこともできます。

 などなど、挙げ始めればキリがありませんが、ネットビジネスをスタートする以上、手元資金が無いことは、あまり理由になりません。

 むしろ、手元の資金の多い少ないに関わらず、必ず小資本でテストを繰り返さなければならない。これがインターネットビジネスとも言えます。

 仮に大資本を持っていたとしても、いきなり金を全てぶち込んでビジネスをするわけではありません。

・手元資金が100億円あったとしても、まずは小資本でテストを繰り返し、1万円稼げるビジネスを作る。
・1万円を作れて始めて、徐々に資本を投下していく。

 これが基本です。そうでなければ、手元資金が100億円あろうと、あっという間に無くなってしまいます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-18 | Posted in ネットショップ, ネットビジネス, 無在庫, 転売, 輸入Comments Closed