中国輸入。予算10〜20万円の小ロットでOEMに挑戦したい。無謀ですか?

1年ほど前から個人的に色々と調べながら、衣類を中心に個人で中国輸入をしています。基本的に商品の仕入れと販売、ともに全てネットで完結しています。今は比較的需要もあり、コンスタントに売れる分野の商品を見つけることができています。これからこの分野で規模を大きくしたいのですが、できれば現地の中国の工場直で仕入れができないかと模索しております。日本人向けに品質など改善していけば、まだまだ売れる可能性があるとも感じています。商品単価は50元〜100元程度。予算10〜20万円の小ロットでOEMも挑戦したいです。ただ、あくまで個人の輸入転売レベル。中国語の読み書きもできません。今は中国人のパートナーの方に代行してもらっています。こんな経験も予算も少ない状況で規模拡大やOEMは無謀でしょうか?また、具体的なOEMの流れ、注意事項や必要な予算などアドバイス頂ければと思います。

.

今やろうと思っていることは全く無謀ではありません。実際に私の関連会社でも同じような流れでビジネスをしています。もちろん経験が無い、予算が少ないといった状況でもできることです。参考にしてみて下さい。

経験が無い予算が少ない状況でもできることです

「こんな経験も予算も少ない状況で規模拡大やOEMは無謀でしょうか?」とのことですが、今やろうと思っていることは全く無謀ではありません。実際に私の関連会社でも同じような流れでビジネスをしています。もちろん経験が無い、予算が少ないといった状況でもできることです。

「中国語の読み書きもできません…」という部分に関しても、既に中国人のパートナーがいます。必要な要素は全てクリアしているため、問題になりません。

「また、具体的なOEMの流れ…」とのことですが、まずはある程度の型を作ること。「◯◯は作ることができるのか?」など、モデリングするべき商品を送って、それが再現可能なのかどうかを判断することです。

20万円が100万円に化けることもよくあります。

 加えて「注意事項や必要な予算などアドバイス頂ければと思います…」とのことですが、必要な予算に関してはOEMで何を作るかによります。

 例えば「衣類を中心に個人で中国輸入をしています…」とのことですが、衣類であれば予算10〜20万円という規模でも全く問題無く商品を作ることができます。

 特にOEMを駆使することで、20万円で仕入れたものが、40〜50万円になる。もっと言えば100万円になる可能性もあります。

 OEMと言ってもあくまで自社ブランドを作ること。アパレル企業は原価20パーセント程度で商品を作っているところがほとんどです。しっかりと作り込みをしていけば、20万円が100万円に化けることはあります。転売ビジネスでは考えられないような利益率にすることもできます。

 こういったことは、ごく普通にあり得る話です。予算20万円からもでも問題無くこの流れを作っていくことができます。既に実践している人も多くいます。ぜひチャレンジしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-16 | Posted in OEM, せどり, 中国輸入, 転売, 輸入Comments Closed