中国輸入転売。Amazonで販売後、返品やクレームが発生したらどうなりますか?

副業で中国から商品を輸入して日本のAmazonで販売する、いわゆる中国輸入を始めようと計画中です。そこで質問ですが、商品を輸入した際に検品で不良品を見抜けず、Amazonで販売後、返品やクレームが発生した場合はどうなりますか?また、その場合、金銭的な負担はどこが持つのでしょうか。仕入先に請求できるのでしょうか。あるいは輸入業者である私自身の負担でしょうか。アドバイスお願いします。

.

返品が発生した時点でAmazon上のマイナス評価になります。また、クレームにしっかり対応しない場合はAmazonにアカウント停止されることもあります。こうしたケース(リスク)を踏まえて、どういったケースで、どちらが、どれほど負担をするのか。事前に中国の仕入業者と決めておくのがオススメです。参考にしてみて下さい。

Amazon上で慎重な対応が求められます。

「商品を輸入した際に検品で不良品を見抜けず、Amazonで販売後、返品やクレームが発生した場合はどうなりますか?」とのことですが、

・返品が発生した時点でプラットフォームであるAmazon上のマイナス評価になります。
・また、クレームにしっかり対応しない場合はAmazonにアカウント停止されます。

 これは間違いないため、慎重な対応が求められることをご理解下さい。

 また「その場合、金銭的な負担はどこが持つのでしょうか。仕入先に請求できるのでしょうか。あるいは輸入業者である私自身の負担でしょうか?」とのことですが、この場合

・返品分の代金を返してくれる業者。
・返品分の代金を返してくれない業者。

 両方のパターンがあり得ます。

事前に中国の仕入業者に確認しておくことが重要。

 あくまで輸入先は中国なので、仕入先が代金を返さないと言えば、なかなか請求するのは難しくなります。

 そのため、こうしたケース(リスク)を踏まえて、どういったケースで、どちらが、どれほど負担をするのか。こういったことを事前に中国の仕入業者と決めておくのがオススメです。仕入れ段階で「こういったリスクが発生した場合は、どんな流れになるのか?」を必ずヒアリングするようにして下さい。

 また、

・国をまたいでビジネスをする以上、法律も違います。
・言った言わないの基準も異なります。
・騙して売ってくるケースももちろんあります。
・日本とは違い、契約書という概念もあまり通じない相手でもあります。

 もちろん、こうしたリスクを踏まえて「中国輸入はやめたほうが良い」というわけではありません。あくまでこうしたリスクを踏まえたうえで、仕入業者と取引するべきということです。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-15 | Posted in Amazon, せどり, 中国輸入, 転売, 輸入Comments Closed