タオバオ中国輸入。言葉の壁、コミュニケーションはどう解決していけばよいですか?

副業としてタオバオを使ったいわゆる中国輸入をしています。ただ春節のせいか2月末の今の時期は仕入先とも上手くコミュニケーションができません。言葉の壁にもぶつかっています。チャットで返信してもらった中国語もなかなか理解できず、翻訳ソフトでもダメでした。どのように解決していけばよいでしょうか?

.

翻訳ソフトにも限界があります。こちら側の意向もなかなか伝わらないため、基本的にはどちらかの言語に統一するのが鉄則です。パートナーや代行業者を探すなど。たとえ転売であってもマーケティングの要素が必ず入ってきます。ある程度、言語の壁、コミュニケーションの壁を超える投資は必要になることをご理解下さい。

翻訳ソフトを使ったやり取りには限界があります。

「チャットで返信してもらった中国語もなかなか理解できず、翻訳ソフトでもダメでした…」とのことですが、やはり翻訳ソフトにも限界があります。

・中国語でメールやチャットをもらう。
・翻訳ソフトやツールで日本語に変換する。
・日本語で伝えたい内容を文章にする。
・翻訳ソフトやツールで中国語に変換して送る。

 こういったやり取りは時間もかかりますし、お互いの意思の疎通も難しくなります。こちら側の意向もなかなか伝わらないため、基本的にはどちらかの言語に統一するのが鉄則です。

 中国の仕入先とやり取りするのであれば

・あなた自身が中国語をしゃべれるようになること。
・あるいは日本語がしゃべれるパートナーを募集すること。

 このどちらかを必ず満たす必要があります。

 前者が現実的でなければ、後者のパートナーを募集することが必須です。

ビジネスなので言語の壁を超える投資は必要です。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、実際、日本語を話すことのできる中国人スタッフは山のようにいます。また、アリババのようなサイトで探すと分かりますが、現地の工場に日本語が話せるスタッフが必ずいます。

 加えて、タオバオなどのプラットフォームでも、日本語でコミュニケーションが取れ、指定した商品を代わりに買ってきてくれる代行業者が存在します。そうした業者を使えば中国語は必要ありません。日本語だけで全ての流れを完結することができます。

 たとえ転売であってもマーケティングの要素が必ず入ってきます。

・言語の壁、コミュニケーションの壁を超えるためにパートナー募集や代行業者の利用が必要なこと。
・ある程度の投資は必要になること。

 この辺りをご理解下さい。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-15 | Posted in アリババ, せどり, タオバオ, ツール, 中国輸入, 転売, 輸入Comments Closed