アドセンスで月20万円に。このノウハウでメルマガ配信やコンテンツ販売していくべき?

現在、グーグルアドセンスで月20万ほど稼げるようになりました。ネットビジネスでは、ある分野で実績を作り、その実績をもとにメルマガなどで情報発信しながらアフィリエイトやコンテンツ販売をしていくことが王道だと思います。今後はやはり、アドセンスで月に20万円稼ぐ方法などといった内容でメルマガ配信やコンテンツ販売をしていくべきでしょうか?

.

無理に情報発信を始めるよりも、今自分ができている得意分野を伸ばすことに専念するほうが、より実績を伸ばすことにつながります。アドセンスで20万円稼ぐことのできるサイトであれば、例えばリストをしっかりとってオファーをすれば200〜300万円は稼ぐポテンシャルがあると言えます。

その方法で多少なりともリストは集まりますが…。

 アドセンスである程度の実績を作り、そこから「アドセンスで稼げる」系のメルマガを配信しようとしているものだと思います。ただし、ここが一つの鬼門でもあります。確かにアドセンスで稼いだ実績をもとにメルマガ読者を募集すると、多少なりともリストは集まると思います。

 ただし、メルマガも一つの媒体に変わりありません。

・メルマガ読者の興味を引くこと、面白いこと。
・読者のメリットになるようなこと。
・自分の価値観や思考をテキスト化し伝えていくこと。

 こういったメルマガを書き続けることができない限り、メルマガをビジネスとして成立させることはできません。

なかなか差別化できず、埋もれてしまうだけです。

・単純にアドセンスでいくら稼いだかアナウンスする。
・単純にその方法やノウハウを全部公開する。

 実際にやってみると分かりますが、例えばこういったメルマガを発行したところで思ったほど読者は集まりません。もちろんメルマガを使って稼ぎを飛躍的に伸ばしていくことも難しいでしょう。

 加えて「アドセンスで稼いでいる人」というくくりで考えれば、

・他にもアドセンスで稼いでいる人はたくさんいます。
・ネット上で検索してみてもアドセンスで稼ぐ系のブログはいくらでもヒットします。

 そういった中で、単純にアドセンスで稼ぐノウハウ、あるいはその実績を引っさげてメルマガを書いても、なかなか差別化することができず埋もれてしまうだけです。

それは、あくまでポジショントークに過ぎません。

 また、「ネットビジネスではある分野で実績を作り、その実績をもとにメルマガなどで情報発信しながらアフィリエイトやコンテンツ販売をしていくことが王道だと思います…」とのことですが、これも非常に視野が狭く、柔軟性に欠ける思考になってしまっていることを、ご理解下さい。

 おそらく、いわゆるネットビジネス業界で大御所や有名人、先生と呼ばれるような人がこういった“王道”というものを提唱しているものだと思います。しかし、それもあくまでポジショントーク(自分に有利になるよう誘導的な内容で言うこと)に過ぎません。

・自分自身がたまたま成功した、たった一つの方法をその分野の王道や法則、ルールのように仕立てあげてしまう。
・その人物の情報をフォローする人は、成功するためにはその方法しか無いと皆で真似をしてしまう。
・結果として同じようなコンテンツが溢れ、差別化が難しくなってしまう。

 まさにこういった状況だと思います。

自分は何を持ち誰に対して価値を提供できるのか。

 しかし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ネットビジネスは言葉の定義やイメージに惑わされて狭いくくりで考えるのではなく、自分は何を持っているのか。自分はそれを使って誰に対して価値を提供できるのか。こういった観点からビジネスを構築していくのが非常に重要です。

 例えば調理師であれば栄養学の知識やノウハウを活かして、肉体を作りたい人向けの栄養メニュー、食べ方を紹介するブログを開設する。栄養学の知識をベースにダイエットをしたい人向けのメニューを提案するサービスを始める。調理師という目線からオススメできるフライパン、キッチン用品に特化した物販や転売を行う。調理師の知識を活かして、付加価値をつけ、ライバルよりも高く売れる(利幅が大きくなる)販売方法をとってみる。

 などなど。

・自分自身が本当に情熱を持って取り組める分野でビジネスを作り込む。
・ノウハウやバックグラウンド、キャラクターを活かせるビジネスを選ぶ。

 これが非常に重要なポイントです。

不確定な要素の中で暫定的な最適解を見つけるもの

 もちろんビジネスですから本質や原理原則というものは存在します。しかし、繰り返しますが「ネットビジネスで実績を作る→実績をもとにメルマガを発行する」という、誰かがたまたま上手くいった方法を全てだと思わないこと。それが全ての成功法則だと思い込んではいけません。

 ざっくばらんな話をすれば、ビジネスというものは「不確定な要素の中で暫定的な最適解を見つけていくもの」です。ビジネスは日々条件が変化し、複雑に絡み合う方程式のようなものです。その中で未来永劫使える100パーセントの正解というものは存在しません。もちろん「この流れでやれば絶対に稼げます」というものはありません。

 ネットビジネス業界で大御所やお偉い先生と呼ばれるような人が一つの方法を王道かのように言いますが、繰り返しますがそれはあくまでその人の場合にたまたま上手くいった方法の一つに過ぎません。あくまでポジショントークでしかなく、本質かどうかはまた違った話です。

 私の周りにも、有名な人の言ったことを素直に実践しても、大して稼ぐことができない人が多くいます。王道や本質ではないことを、そうだと勘違いしてしまう。それによって視野が狭くなり、本来稼げるものも稼げなくなってしまうのです。

200〜300万円は稼ぐポテンシャルがあるサイト。

「現在、グーグルアドセンスで月20万ほど稼げるようになりました…」とのことですが、アドセンスだけで単月で20万円稼げている。この事実は、既にかなりしっかりとした媒体(ウェブサイト)が構築できていることを意味します。

 ゼロ→1をクリアできているわけですから、ポジショントークやミスリードに惑わされることなく、今自分ができている得意分野を伸ばすことに専念したほうが、より実績を伸ばすことにつながります。

 例えば、

・アドセンス広告ではなく、オプト(メールアドレス)を取る。
・リスト取りから媒体と関連した商品やサービスをリストに大して販売する。

 こうしたほうが、アドセンスの実績公開で稼ぐ系のメルマガをするよりも、ずっと多くの稼ぎを作り出すことができます(この方法は顔出ししたくない副業サラリーマンにも向いています)。

 アドセンスで20万円稼ぐことのできるサイトであれば、基本的にリストをしっかりとってオファーをすれば200〜300万円は稼ぐポテンシャルがあることをご理解下さい。実際、アドセンスだけで70万円ほど稼いでいる方のサイトをテコ入れし、リストを取ってしっかりとオファーすることで稼ぎを700万円まで伸ばすことができた実績もあります。

 無理に大御所と呼ばれる人のミスリードやポジショントークに付き合わないこと。型にハメられて機会損失している場合ではありません。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-06-30 | Posted in アドセンス, アフィリエイト, ネットビジネス, メルマガ, 稼ぐComments Closed