輸入転売ビジネス。資金調達や融資を受けたい。仕入れ資金さあれば稼ぎを伸ばせる。

現在、個人でいわゆる輸入転売ビジネスをしております。数万円程度は利益出せましたが、仕入れ資金が限られているため、これから飛躍的に稼ぎを伸ばすことは、なかなか難しいのが現状です。資金さえあれば、仕入先との交渉なども有利に運べるものと思います。輸入転売ビジネスで稼ぎを拡大するためにも、どうにか資金調達できればと考えています。融資(借金)や資金調達など何か良い方法は無いでしょうか。現在、大卒で就職はしていません。転売ビジネスと、コンサル業で月収25万円程度です。

.

融資や借金など、難しいことを考える前に、一番簡単な資金調達の方法としては親類縁者を口説くことです。あるいは自分のビジネスモデルが本当に魅力的なのであれば、既にお金を持っている人にこのビジネスをプレゼンしてみるのも良いでしょう。参考にしてみて下さい。

一番簡単な資金調達は親類縁者を口説くことです。

「どうにかあと数百万円程度を資金調達できればと考えています。何か良い方法は無いでしょうか…」とのことですが、融資や借金など、難しいことを考える前に、一番簡単な資金調達の方法としては親類縁者を口説くことです。

 就職をしてサラリーマンになれば、サラリーマンという信用を活かして融資を引っ張ってくる方法はあります。しかし「現在、大卒で就職はしていません…」とのことで、これは現実的ではありません。

「大卒で…」とのことですが、いくら大学卒業1年目だと自分が言い張ったところで、金融機関や公的な機関から見れば、いち業者と変わりません。50〜60歳台のベテラン経営者と同様の扱いを受けてしまう身分にいるということを、ご理解下さい。

 事業資金や開業資金として調達するなど、確かに融資を受ける方法はゼロでは無いかもしれません。しかし、サラリーマンでもないこの状況で融資を引っ張ってくるというのはなかなか至難の業です。正直に言って現実的ではない。これが、ある程度の規模でビジネスをしている人間としての本音です。

 それよりも、まず親類縁者を当たること。この方法がオススメです。

お金を貸せる(借りられる)かは信頼関係が全て。

 融資や借金というのはお金を借りること。要するに信頼関係で成り立っているものです。

 お金を貸すというシチュエーションにおいては、一般的に

・お金を貸す側が強い。
・お金を借りる側は弱い。

 というイメージが先行します。

 しかし、実際に貸す側の気持ちになって考えると良く分かりますが、実は貸す側のほうが弱いのが実態です。というのも、お金を貸す側としては、いくら契約書を作ろうが、相手に飛ばれてしまえば終わり。お金だけ渡して、貸したお金を回収することはできません。

 そのため、本当に信頼できる相手にしかお金は貸せません。お金を貸せるかどうか(借りられるかどうか)は信頼関係が全てとも言えます。

自分のビジネスモデルが本当に魅力的であれば…。

 こうした前提を踏まえると、お金を借りることができるのは、ある程度、信頼関係の出来上がった間柄のみ。では、その信頼関係が既に出来上がった相手は誰か?と言えば、やはり親類縁者が一番です。

 親や兄弟、祖父や祖母など。その他、友人もこれに近いものがあります。

 もし、

・それだけ関係性が構築された親類縁者から信頼を得られない。
・親類縁者から全くお金を借りることができない。

 こういった状況にあるなら、そもそもビジネスをやっても上手くいきません。彼らすら口説けない人間がビジネスをやっても稼げないのは当たり前。これが大前提です

 あるいは、自分のビジネスモデルが本当に魅力的なのであれば、既にお金を持っている人にこのビジネスをプレゼンしてみるのも良いでしょう。全く違う業種の人であれば、ネットビジネスということで「面白い」と、資金援助してくれる可能性は十分にあります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-14 | Posted in せどり, 転売, 輸入Comments Closed