まだ商品についてあまり詳しくないですがアフィリエイトサイトを作ろうと思っています。

これからアフィリエイトを始めようと思っています。まだ商品については、あまり詳しくありませんが、とりあえずアフィリエイトサイトを作ろうと思っています。こんな状態の私ですが、何かアドバイスを頂ければと思います。

.

アフィリエイトで稼ごうと思えば、商品のことを深く理解しなければダメです。人に説明できるくらい、その商品が何なのかということが分からない限り、なかなかアフィリエイトで成果をあげることはできません。参考にしてみて下さい。

少なくとも商品やお客さんを理解しなければ…。

「まだ商品については、あまり詳しくありませんが、とりあえずアフィリエイトサイトを作ろうと思っています…」とのことですが、

 アフィリエイトで稼ごうと思えば、商品のことを深く理解しなければダメです。人に説明できるくらい、その商品が何なのかということが分からない限り、なかなかアフィリエイトで成果をあげることはできません。

 アフィリエイトというものは、つまるところ「お客さんと商品をつなぐもの」。もちろん、少なくとも商品やお客さんのことを理解していなければ、なかなか、その役割を果たすことはできません。

・アフィリエイトで売ろうとする商品の優位性。
・競合やライバルとなりうる商品。
・その商品を使うお客さんの気持ちや考え方、思考、行動。

 こうしたものを全て理解すること。

 このベースがあって初めて、お客さんの現状と理想とのギャップを見極め、それを埋める手段として商品を勧めることができる。これがアフィリエイトや営業という行為です。

 もちろん。それぞれの要素が理解できていなければ、なかなか埋められるギャップも埋められません。

潜在的に持っている言語化できていない質問まで。

 アフィリエイトとほぼ同義である、オフラインでフルコミの代理店営業をする人をとっても、

 例えば、実際にNTTの回線を売りまくっているフルコミの営業マンは、

・NTTの回線については非常に詳しい。研修も受けている。
・自社商品だけでなく、ソフトバンクよりどれくらい安いのかなど競合と比較しての優位性もわかっている。
・どういう契約形態であれば一番お得なのか。付加価値の部分も網羅している。

 こういったベースがあるからこそ、商品が売れます。これはアフィリエイトでも同様です。

 もちろん、こうした商品知識も無く「まだ商品については、あまり詳しくありませんが…」という状態では、なかなか売れるものも売れません。

 もちろん、そんな状態でアフィリエイトサイトを作り、

「この商品は良いですよ」
「私は、この商品を使って◯◯に変わりました」

 こういったことを書いても、全く売れないでしょう。

・お客さんが潜在的に持っているであろう質問。
・お客さんが言語化できていない質問。

 これら全てに詳細に答えられるようになるまで、まずは必要な知識や要素を埋めていくことから始めてみてはいかがでしょうか。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-14 | Posted in アフィリエイトComments Closed