ハンドメイド作品を売る。ネットショップとハンドメイドマーケットどちらがおすすめ?

ハンドメイド作品を作っています。全くの素人でネットで自分の作品を販売したりしたことはありません。ただ、これから自分のハンドメイド作品を出品しながらネットを使って販売したいと考えています。自分なりに色々と調べてみると、ミンネやクリーマといった、いわゆるハンドメイドマーケットとよばれる専門のサイトもあります。またネットショップであればbaseで簡単に作れることも分かりました。まずはハンドメイドマーケットとネットショップどちらがよいのでしょうか?

.

自分の作った作品に自信があるなら、まずは集客力のあるプラットフォームに出品してテスト販売してみること。その後、実際に反応が良かったり、お客さんがついてくるようであれば、そのタイミングで初めて売れ筋作品を軸にネットショップを開業する。この流れがオススメです。参考にしてみて下さい。

いきなりネットショップを開業しないことが重要。

「ネットショップであればbaseで簡単に作れることも分かりました…」とのことですが、「ネットショップを作ること」と「そこに人を集めること」は全くの別物です。いくらネットショップが簡単に作れても、そこに人を集めるのは簡単では無いため注意が必要です。

 実際、多くの人が「ネットショップを立ち上げること=お客さんが来て商品が売れる」という勘違いしています。

 しかし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ネットショップを立ち上げることは、オフラインの世界で言えば、誰も住んでいない北極のど真ん中に自販機を置くようなもの。あるいは誰も通らない砂漠のど真ん中に店舗を建てることと、本質的には何ら変わりません。

 そのネットショップで商品を販売するためには、必ずネット上の店舗に人を集める、広告などを駆使して認知させる、といったことが必要です。

 前提として、そもそもネットショップを立ち上げて軌道に乗せるのは決して容易いことではありません。いきなりネットショップを開業することは、ビジネス的にもかなり難易度が高いことだとご理解下さい。

まずは人通りが多い所に小さく出店。反応をみる。

「まずはハンドメイドマーケットとネットショップどちらがよいのでしょうか?」とのことですが、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、初めてインターネットビジネスにチャレンジするのであれば、手始めに出品予定のハンドメイド作品を集客力のあるプラットフォームでテスト販売してみるのがオススメです。

・まずは既に集客ができているプラットフォームに出品すること。
・ヤフーオークションやフリマアプリなどの多くの人が集まる場所で反応を見ること。
・自分自身のハンドメイド作品が本当に売れるかどうか確認すること。

 こうやって

・小さく始めてテストを繰り返していく。
・まずは人通りが多いところに小さく出店してみて反応をみる。

 これが基本戦略です。小さく始めてテストを繰り返すことができるのがインターネット(ビジネス)の良い点です。そのメリットを最大限活用すべきです。

ハンドメイドマーケットよりも人通りの多い所を。

 また「自分なりに色々と調べてみると、ミンネやクリーマといった、いわゆるハンドメイドマーケットとよばれる専門のサイトもあります…」とのことですが、基本的には、ヤフオクなどより人通りの多いプラットフォーム(場)を選ぶべきです。

 確かにいわゆるハンドメイドマーケットと呼ばれるような専門サイトには、ハンドメイド好きが集まっているため出店先として悪くありません。こうした場に出店してテストしてみるのも良いでしょう。

 ただし、元々のブランド力やマスメディア広告での認知のされ方などを考えると、ヤフオクとハンドメイドマーケットには、まだまだ集客力で大きな差があります(ヤフオクは知らない人がいませんが、ミンネやクリーマを知らない人は多くいます)。

 なるべく誰もが知っているプラットフォームを選ぶことで

・より多くの人の目に触れるため商品が売れやすい。
・より多くの人の目に触れるためデータも取れやすい。

 といったメリットを得ることもできます。

 オフラインで言えば、

・数百人規模。地元の人だけが集まる小さな公園で行われてるフリマに出店するのか。
・あるいは十数万人規模で集客する幕張メッセや東京ビッグサイトのホールを丸々使った大規模なイベントに出店するのか。

 これくらい(かもっと大きな)違いがあるわけです。

ハンドメイドというのは基本的に売りやすい商品。

「これから自分のハンドメイド作品を出品しながらネットを使って販売したいと考えています。」とのことですが、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、ハンドメイドというのは基本的にはネットで売りやすい商品です。

 また、ビジネスの本質はブランディングすること、差別化していくことにあります。

 そういう意味でも

・1点ものであるハンドメイド作品は、他者と差別化しやすい。
・そこに希少性や価値を感じてくれる人もたくさんいます。

 自分の作った作品に自信があるなら、まずはオークションやフリマアプリに出品してテスト販売してみること。その後、実際に反応が良かったり、お客さんがついてくるようであれば、そのタイミングで初めて売れ筋作品を軸にネットショップを開業する。

 この流れがオススメです。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-09 | Posted in ネットショップ, ハンドメイド, ヤフオクComments Closed