アクセスは集まっているが成約(コンバージョン)に繋がらない。どう改善するべき?

わりとしっかりとしたボリュームのサイトを作って「地域名+商材名」で1位に来ているホームページを作ることができました。ただ、アクセスは集まっているものの成約に結びつけることができていません(商材名はわりと抽象的でビッグなワードです)。こういった状況で、今後どのようにリニューアルしていけば、アクセスを上手くコンバージョンに繋げることができますか?

.

これこそコピーライティングの領域になります。まずは見込み客と接触をすること。彼らと徹底的に対話をして、何を求めているのかを、もっと知るところから始めることです。参考にしてみて下さい。

見込み客と接触する。彼らと徹底的に対話をする。

「こういった状況で、今後どのようにリニューアルしていけば、アクセスを上手くコンバージョンに繋げることができますか?」とのことですが、これこそコピーライティングの領域になります。

「地域名+商材名」で1位に来ている。どんな商材なのかにもよりますが、これは、なかなか凄いことだと思います。この時点である程度、集客(アクセスを集めること)は、できているわけです。

 この状態から集まったアクセスをコンバージョン(成約)に持っていく。これは、完全にコピーライティングの領域の話です。

・この状態からどのようにしてリニューアルしていくか。
・どのようにコンバージョンにつなげていくのか。

 効果的な方法は、まず見込み客と接触をすること。彼らと徹底的に対話をして、何を求めているのかを、もっと知るところから始めることです。

ターゲットのことは、ターゲットに聞くのが一番。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、実際にお客さんを目の前にして売ってみること。実際のエンドユーザーやターゲット顧客に接触しながら、手応えやフィードバックを得つつビジネスを構築していくこと

 あるいは、何か仮説を立てる場合も、勝手な妄想ではなく、実際にターゲットに接触してみるということ。その中で情報収集する。そうやって、仮説を立てることは非常に効果的です。

 例えば、

・面白いコンセプトで無料のイベント等を主催する。
・オンライン上に集まったアクセスを、オフラインの場へ誘導する。

 こういったやり方で接触を試みることは効果的です。

 既に集客力があるわけですから、面白い切り口やコンセプトで、ささりそうな企画を打ち出す。しかも、それが無料がであれば、そのキーワードで集まっているターゲットに直接接触することができます。

 ターゲットユーザーのことは、ターゲットに聞くことが一番ですし、ここには努力するだけの甲斐があると言えます。

購買意欲の低いアクセスも、どう料理するかだけ。

 実際、サイトを作っているとよくあることですが、

・コンバージョンが高いだろうキーワードは競合もSEOをかけている。
・そのため、なかなか狙ったワードで上位表示することができない。
・一方で、わりと分厚いサイトを作ることで別のキーワードで上位表示される。
・コンバージョン率は低そうだが、検索ボリュームがあるためアクセスは集まる。

 こういった状態になることはよくあります。特にある程度ボリュームがあるようなウェブサイトを作る場合、こういった想定外にアクセスが集まるキーワードは少なくありません。

 こういったケースでも同様に

・アクセスが集まるページにLINE@や問い合わせフォーム、Q&Aフォームを付ける。
・集まったユーザーに自ら手を挙げてもらい、接触する。
・実際にユーザーの声を拾いながら、アクセスをコンバージョンに転換していく。

 こういったことは十分に可能です。

 この比喩が表現として適切かどうかは分かりませんが、

・ある程度アクセス(素材)を集める媒体を作ることができれば、後は、そのアクセスをどう料理するか。
・料理方法が分かれば、購買意欲の低そうなアクセスがも、いかようにも料理できる。
・そのため、アクセスが集まる状況さえ作り出すことができれば、かなり強い。

 こういったことが言えます。

 この辺り別のよくあるご質問「コピーライティングで欲しいと感じさせるキーワードやフレーズ、文章の見つけ方は?」の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-29 | Posted in アフィリエイト, コピーライティング, ネットビジネスComments Closed