せどりや転売。副業レベルでも会計の知識は必要?取引の履歴も書類にまとめるべき?

副業でせどりや転売を始めようと思っています。もちろん集客や販売に関する知識もつけようとおもいますが、プラスアルファで副業レベルであったとしても、やはり会計の知識は必要ですか?また、取引に辺りこの手の書類は綺麗にまとめておいたほうが良いでしょうか。

.

せどりや転売を行うのであれば、たとえ副業レベルであっても最低限の会計知識を付けておくことをオススメします。

最低限の会計知識を身に付け転売やせどりをする。

 せどりというビジネスを簡単なものに見せる。そういったノウハウや情報商材、教材、塾、スクールのようなものは多く存在します。そのため、ネットビジネスとして手始めにせどりからスタートするプレイヤーも多くいます。

 しかし、せどりは決して全て簡単というわけではありません。加えて、若干の会計知識も必要になります。

「プラスアルファで副業レベルであったとしても、やはり会計の知識は必要ですか?」とのことですが、副業レベルであっても最低限の会計知識を付けておくことをオススメします。

・利益が出ていても、キャッシュ(資金繰り)が回らない。
・仕入れを負債とした場合、貸借対照表(BS:バランスシート)上の負債が増えてしまう。

 こういったことを回避するためにも、最低限の会計知識は必要です。また、会計的な数値の変動を見極める必要性も出てきます。

キャッシュフローや資金繰りで苦労しないために。

 別のよくあるご質問で、せどりや転売に限らず、モノを仕入れて物販をするビジネスでは、利益額ももちろん重要ですが、それ以上に高回転率な商品を選ぶことが非常に重要、という話をしました。まさにこれは会計の理解を深めるとよく分かることです。

・その商品をいつ仕入れたのか。
・仕入れたその商品はが、いつ売れたのか。

 会計知識を付けることで、これらが物販ビジネスのキモであることも理解できます。

・100万円の売上を作り、利益率は20パーセント。
・表面的な数値だけを見れば、20万円の利益が出ているはず。
・しかし実際にフタを開けてみると手元資金はマイナスになっている。

 実際、転売やせどりを始める初心者の多くが、この「売上が上がっているのに、手元資金(キャッシュ)が無い」というキャッシュフローのワナ、壁にぶち当たります。

 そうならないためにも、取引履歴や書類、数値を綺麗にまとめておくこと。キャッシュフローや資金繰りに苦労しないよう努めるのが物販ビジネスで稼ぎを伸ばすポイントです。参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-07-06 | Posted in せどり, ネットビジネス, 転売Comments Closed