転売ビジネス。永久に儲かる商品は無い?賞味期限は商品プラットフォームで変わる?

転売ビジネス。永久に儲かる(価格差が出る)商品というのもは存在しませんか?転売商品の賞味期限は、転売する商品や利用するプラットフォームによっても変わってくるものですか?

.

転売ビジネスの賞味期限(その商品の転売で価格差を生める期間、利益が出る期間)は、商品や利用するプラットフォームによっても変わります。ただし、間違いなく言えることは、永久に同じ商品で利益が取れる(価格差が開いている)ことは無い、ということです。参考にしてみて下さい。

このループが転売ビジネスの基本的な構造です。

 別のよくあるご質問で紹介しましたが、パイオニア(先駆者)が価格差があって儲かる商品がを見つけて売る。その商品が売れるとフォロワー(新規参入者)がどんどん増えて次第に価格差が埋まる。価格差が無くなると、またパイオニア(先駆者)が価格差があって儲かる商品を見つけて売る。またフォローが増えていく。

 このループが転売の基本的な構造です。

 そのため、単純な転売だけで稼ぎ続けるには常に縦堀、横堀、時間軸といったリサーチ方法(概念)を使い、自らがパイオニアになる。働き続ける必要はあります。

 また、これも別のよくあるご質問でも紹介しましたが、転売もせどり本質的には、右から左へと物を流して、あくまで価格差(価値の差)を埋めるもの。また、短期売買を繰り返す株式投資やFX(外国為替)のデイトレードもいわばせどりの一種です。

 株式投資やFXがまさにそうであるように、単純な転売も常に市場を追い続ける、トレーダー業務に近いところがあります。

賞味期限は商品やプラットフォームごとに変わる。

 この前提を踏まえたうえで、「転売ビジネス。永久に儲かる(価格差が出る)商品というのもは存在しませんか?転売商品の賞味期限は、転売する商品や利用するプラットフォームによっても変わってくるものですか?」とのことですが、

 もちろん、賞味期限(その商品の転売で価格差を生める期間、利益が出る期間)は

・転売する商品によっても変わってくる。
・利用するプラットフォームによっても変わってくる。

 様々な変数になって変わるものです。

 商品によって長いものであれば、1〜2年以上価格が出続けるものもある。一方で、短いものであれば2〜3週間しか価格差が開かないという商品も、もちろんあります。

永久に同じ商品で利益が取れることは絶対に無い。

 また、プラットフォームによっても、参入者が急に増えることで一気に価格差が閉じてしまうケースもあります(こういった場合、一つだけでなく、ヤフオク、Amazonなど様々なプラットフォームを使い分けることで、多少なりとも賞味期限を伸ばすことはできます)。

 ただし、間違いなく言えることは、永久に同じ商品で利益が取れる(価格差が開いている)わけではないということ。

・仮に賞味期限を伸ばすことができても、永遠は無い。
・転売で儲かる商品が一つ見つかったからといって、あぐらをかいてはいけない。

 これが真実です。

 むしろ転売ビジネスというのは、他のトレーダー業務同様に、価格が変動するタイミングを楽しむビジネスとも言えます。その見極めができて初めて一流の転売屋とも言えます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-26 | Posted in Amazon, せどり, ネットビジネス, ヤフオク, 儲かる, 転売, 輸入, 輸出Comments Closed