アフィリエイトサイト。がっつり売れるライターを募集、見つける方法はありますか?

現在、アフィリエイトサイトを運営していますがライターの募集に苦労しています。バイトレベルではなく、がっつり売れるようなライターを募集する、見つける方法はありますか?クラウドソーシング系のサービスで募集をかけてみても、アルバイト程度に記事を書く主婦などしか見つかりません。効果的に売れる文章が書けるライターを募集する方法はありますか?

.

なかなか難しいというのが正直なところです。この前提を踏まえたうえで、あえて言うならば、これからその分野を学ぼうとする人が集まっている場に行く。その場で人材をスカウトする。こういったやり方は採用の基本であり、スカウト方法としては効果的です。参考にしてみて下さい。

その分野を学ぼうとする人が集まる場で採用する。

「がっつり売れるようなライターを募集する、見つける方法はありますか?」とのことですが、なかなか難しいというのが正直なところです。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、売れる文章が書けるコピーライターは常に案件を抱えているため、なかなか出会うことはできない。もちろんクラウドソーシング系サービスの向う側にはいない。

 こういった特徴があります(私自身こうしたライターを探していますが、簡単には見つからないものです)。

 そのため、個人レベルのネットビジネスであれば、基本的に売れる文章は自分で書くしかない。これが現実です。

 上記の前提を踏まえたうえで、それでもライターを探したい場合。

・これからその分野を学ぼうとする人が集まっている場に行く。
・その場で人材をスカウトする。

 こういったやり方は採用の基本であり、スカウト方法としては効果的です。

売る文章を書くポテンシャルを持つ人がいるかも。

 例えば、楽天などのネットショップを切り盛りしてくれる店長を探したい場合。ノウハウをを学ぶためでなく、人材をスカウトするために楽天のセミナーに行くことは非常に効果的です。

 そういった場には、

・これからネットショップを始めようとする人。
・あるいは既にネットショップを運営していて学ぼうとする人。

 こうした人々が集まっているため、狙った人材が見つかる可能性は高くなります。

 同様に、売れる文章が書けるライターを採用したい場合は、コピーライティング系のセミナーに参加してみることが効果的です。そういった場には

・これからコピーライティングを勉強しようとする人。
・あるいは駆け出しのライターとして、学ぼうとしている人。

 こうした人々が集まっているため、もしかすると売れる文章を書くポテンシャルを持った人と出会える可能性があると言えます。

 あるいは、

・現在は、本や雑誌、小さなウェブ媒体でエンターテイメント的な文章を書いている人を探す。
・そういった人の中には、もともと文章を書く才能があるかもしれない人もいる。
・そういった人に、今度は売るための文章を教えて、書かせてみる。

 こういったやり方も一つです。

ライターはわざわざ雇われるということはしない。

 ただし、

・上記のようなスカウト方法を取っても必ずしも良いライターに会えるわけではないこと。
・見つけたとしても、なかなか雇うことは難しいこと。

 こういった事実も正しくご理解下さい。

 というのも、基本的に売れる文章を書けるライターというのは雇われないもの。言い換えれば「雇われているライター=売れる文章が書けないライター」とも言えます。

 はっきり言ってしまえば、コピーライティングというのは、かなり無敵な能力の一つ。

・ウェブ上の媒体に記事を書く。
・メルマガでメールを書く。
・オフラインのDMを書く。

 基本的には、その能力一つで何でも売れるものです。そのため、

・その能力を欲しいと思う需要は尽きません。
・一人で食っていけるため、わざわざ雇われるということはしません。

仮にコピーライターが雇われる瞬間があるなら…。

 仮にコピーライターが雇われる瞬間があるとすれば、

 既存のリストや媒体を持っている企業相手に成果報酬型で仕事ができる。そうやって、自分自身の能力にレバレッジを書けることができる場合。あるいは、本当にお金に困っていて即金が欲しい場合。

 基本的には、どちらかのケース以外はあり得ません。

 中には自分自身のポテンシャル(能力)に気付いておらず、雇われるという選択肢を選ぶコピーライターもいるかもしれません。しかし、それもあくまで時間の問題。自分自身の能力に気付いた瞬間に、まず雇われるという行為をやめてしまいます。

 売れる文章が書けるコピーライターというのは本来であれば、かなり希少性が高い存在。そもそも需要に対して圧倒的に供給が不足している人材を探そうとする行為であるため、なかなか簡単には見つからないことを、よくご理解下さい。

 また、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、世の中には、大手の通販会社をはじめ、ダイレクトマーケティングをビジネスの中核においている企業、セールスレターだけで飯を食っている企業が存在します。売れる文章が書ける優秀なコピーライターというのは、こういった企業が必死になって確保しようと動いているもの。

 こういったライターのとりあいは、今後ますます激化することが予想できます。

仮に雇える場合にも、かなりの費用がかかるもの。

 また、「クラウドソーシング系のサービスで募集をかけてみても、アルバイト程度に記事を書く主婦などしか見つかりません…」とのことですが、

「◯◯というテーマで500文字で記事を書いて下さい」といった、いわゆる記事の外注。こういった記事作成の代行であれば、Lancersなどのクラウドソーシング系サービスでいくらでも見つけることができるかもしれません。

 しかし、

・売れる文章が書けるライター。
・読者をファン化させるような文章が書けるライター。

 こうした存在に出会う、あるいはそういった人材を雇うことは、なかなか一筋縄ではいかないこと。

 また、これも別のよくあるご質問でも紹介しましたが、最低でも利益の25パーセントを報酬として受け取る。こうしたコピーライティングの報酬形態があるため、本当に売れる文章を書けるコピーライターたちは、通常のビジネスでは考えられないような報酬を受け取っています。

 仮に雇う場合にも、それくらいの費用がかかることを、よくご理解下さい。

 また、こうしたライターを他の組織から強引に連れてきても

・その人の能力にレバレッジをかけることのできる媒体。
・その人の能力にレバレッジをかけることのできるリスト。

 こうしたものを持っていない限り、なかなか囲うことはできないものです。

 参考にしてみて下さい。

回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事