アフィリエイトは専門家として商品を熟知して専門性の高い記事を書く必要がありますか?

アフィリエイトサイトを作る際には、やはりその商品や分野を熟知して、その熟知した知識からコンテンツを作成しなければ、ならないのでしょうか?もし、そうだとしたら、アフィリエイトサイトを作るには、やはり専門家になる必要があり、記事も専門性があるものが求められるのでしょうか?

.

熟知した知識があるに越したことはありませんが、ユーザーのニーズによっては、必ずしも専門性の高い記事が適切なコンテンツとならないケースもあります。参考にしてみて下さい。

熟知した知識があるに越したことはありませんが…

「アフィリエイトサイトを作る際には、やはりその商品や分野を熟知して、その熟知した知識からコンテンツを作成しなければ、ならないのでしょうか?」とのことですが、

 これは別のよくあるご質問「まだ商品についてあまり詳しくないですがアフィリエイトサイトを作ろうと思っています」の中でも紹介しましたが、

 原則として、アフィリエイトで稼ごうと思えば、商品のことを深く理解しなければダメ。人に説明できるくらい、その商品について理解しない限り、なかなかアフィリエイトで成果をあげることはできません。

 これは今回のケースも同様です。

 熟知した知識があったほうが良いかどうか?という点で言えば、もちろんあるに越したことはありません。

 ただし、

・どういった背景で、そのサイトに辿り着いたのか?
・どういったニーズがあってアクセスしているのか?

 こういった条件次第で、

・その商品や分野を熟知している必要は無い
・専門性の高い記事(コンテンツ)を返す必要は無い

 こういったケースも存在するため、注意が必要です。

必ずしも専門性の高いコンテンツを返す必要が無い

『必ずしも専門性の高いコンテンツを返す必要が無い』

 その典型的な例が、口コミやレビューがメインコンテンツ(コンセプト)となっているサイトです。

 例えば、その代表として、Amazonをイメージしてみると、より理解しやすいかもしれません。

 もちろん、

・プライム会員なら最短で即日、遅くとも翌日に商品が届く
・2回目以後は、住所やクレジットカードの入力が不要

 こういった物流面や会員登録の手間を省けることをメリットと感じて、Amazonを利用するユーザーも多くいます。

 一方で、Amazonを利用するユーザーの中には、「商品の口コミやカスタマーレビューを参考にしたくて、わざわざAmazonを利用している」というユーザーも少なくありません。

 実際、Amazonでは書籍に限らず、どんなジャンルのどんな商品であれ、カスタマーレビューという形で、商品それぞれに、たくさんの口コミが付いています。

 では、このAmazonのカスタマーレビューを見に来るユーザーは、いったいどんなニーズがあって、どんなコンテンツを求めているのでしょうか。

 これはAmazonに限った話ではありませんが、カスタマーレビューを見に来る人のほとんどは、

・実際にその商品を使ってみた人のリアルな使用感
・本音の口コミの部分

 こういったものを知りたいと思って、そのサイトやコンテンツを見に来ています。

その商品を買ってみて、実際はどうなんだろう?

 では、こうしたユーザーに対して「そのニーズに応える(返す)コンテンツとして、適切なものは何か?」を考えた場合、それは決して専門性の高い記事とは限りません。

 それよりも、むしろ

・その商品のリアルな使用感
・実際に使用した人だからこそ語れるコンテンツ

 こういったものが求められており、そういったコンテンツとして返すことで、

・相手の共感を生みやすい
・その後に何らかのアクションを起こしてもらいやすい

 こういったことに繋がっていくと言えます。

 例えば、あなたがキッチン用品を探していて、その中でも『やかん』を買おうとしている場合を想定してみて下さい。

 どの『やかん』にしようか迷っている。そんな時に、

「このやかんは鉄、おもにステンレスやアルミニウム、シュウ酸アルマイト、あるいは銅や真鍮等の素材で作られており…」

「やかんは、もともとは中国の注ぎ口と取っ手のある、別名『藥銚』が時代と共に機能、形状を…」

 といった専門性の高いウィキペディアのようなコンテンツを返されても、的外れ。そういった情報は全く求めていません。

 むしろ、そこで欲しいのは、繰り返しますが、

・その商品のリアルな使用感
・実際に使用した人だからこそ語れるコンテンツ

「その商品を買ってみて、実際のところはどうなんだろう?」という問いに答えてくれるコンテンツが欲しいわけです。

自分と似たような欲求を持つ人のレビューを探して

 もっと言えば、特にレビュー系、口コミ系のコンテンツがメインとなっているサイトの場合。

 お客さんがどんな心理でコンテンツを見て、その後のアクションに繋がっていくかと言えば、自分と似たような欲求を持った人のレビューを探して、参考にしたいと思っています。

 前述の『やかん』を探す場合一つを例に挙げても、

 例えば、一人暮らしをしている学生や、一人暮らしをしている独身の男性で、必要最低限のお湯を沸かせる『やかん』を探している人であれば、

「私は一人暮らしをしていて、一人分だけ必要なので、毎回そんなに湯を沸かすわけではない。家族がいるわけじゃないので、一度に大量の熱湯が必要になることはない。むしろ一人分、コップ一杯分の湯が、すぐに沸かせるものを探していました。また、予算も◯◯円くらいで探していたので、これがちょうど良かったです」

 こういった自分の状況と良く似た状況に置かれている人が語るレビューが参考になり、そのレビューが好意的なものであれば、そのまま購入というアクションに繋がっていくかもしれません。

 あるいは、IH用の『やかん』を探している人でれば

「私の家の台所はIHなので、IH用のやかんを探していて、このやかんを見つけました。実際に使っていて分かったんですけど、IH特有の…」

 こういったコンテンツを返してあげるほうが、より相手の共感を呼び(ささりやすく)、アクションに繋げてもらいやすいと言えます。

求めらるニーズに対して、最適なコンテンツを返す

 また、コーヒー用のお湯を沸かすケトルを探している人にとっては、

「私は毎朝自分でコーヒーを入れることを楽しみにしています。普段使いしているやかんはあるんですが、それ以外に、コーヒー用にお湯を沸かして、注ぎ口もコーヒーのフィルターに注ぎやすいものを探していて、この商品を見つけました。耐久性も良いし、何より注ぎやすいからこれを使っています」

 こういったコンテンツのほうがささりやすいかもしれません。

 これは、あくまで一例に過ぎませんが、相手がどんなニーズを持っていて、それに対してどんなコンテンツを返すことが適切なのか?を考えた場合、

 必ずしも商品を熟知し、専門的な記事(コンテンツ)を返すだけが正解ではないということを、ご理解頂けたと思います。

 もちろん、取り扱っている商品やサービスを熟知していることに越したことはありません。

 ただし、それ以上にどういう文脈(消費者の置かれた背景、あるいは消費行動の前後関係のこと)で、アクセスに至っているのか。どういったニーズを持ってサイトに訪れているのか。

 こういった部分を読み取って、求められているニーズに対して最適なコンテンツを返すこと。

 それができれば、熟知した知識や、専門性の高いコンテンツが無くても、アフィリエイトで成果を出すことができます。

専門性の高いコンテンツが求められるケースとは?

 もちろん、その文脈によっては、熟知した知識や専門性の高いコンテンツが求められるケースも、当然あります。

 これはアフィリエイトサイトに限った話ではありませんが、特に

・情報の非対称性が大きな分野で商品を提供する場合
・顧客と販売者に情報面で大きなギャップが存在する場合

 こういったケースでは、それなりに熟知した知識や専門性の高いコンテンツが求められます。

 例えば、こうした条件が当てはまるものとしては、

・不動産
・保険商品
・株式
・税務関係
・起業

 などなど。

 その商品やサービスを購入しようと思ったお客さんが、

・どうやって商品やサービスを選んでよいか分からない
・どうやって自分たちの問題解決をすればよいか見当がつかない

 こういった市場では、

・詳しい人からアドバイスをもらいながら購入したい
・その分野の専門家に一度、相談してみたい

 こういったニーズが必ず存在します。

 そのため、アフィリエイトに限らず、ネット上で商品やサービスの販促に繋げたいと思えば、

・商品やサービスを熟知して、理論武装をする
・専門家としてのスタンスを確立したうえで、商品を紹介する

 こういったやり方が効果的となります。

詳しい人から商品やサービスを購入したいと思う

 例えば、あなたが転勤などを理由に全く知らない地域に移住するため、物件を探している場合。

「◯◯という地域は、急な坂が多いので、この地域に住む場合は自転車での移動はほとんど無理。車が必須になるため、駐車場代を加味した家賃で物件の検討をして下さい」

あるいは

「◯◯という地域に住む場合は、道が狭いので、基本的には自転車での移動がメインになります。自転車に乗り慣れている、自転車での移動が苦にならない人がオススメです」

あるいは

「◯◯という地域は、近くにスーパーがないので、必ず車が必須になります。ただ、最近ではネットスーパーも便利になっているので、それを加味するとその他の条件面では、かなり割安な物件です」

 こういった詳しい人のアドバイスを聞いてみたいと思うものですし、そういった詳しい人から商品やサービスを購入したいと思うものです。

 繰り返しますが、重要なのは、

・どういう文脈で、アクセスに至っているのか
・どういったニーズを持ってサイトに訪れているのか

 こういった部分を読み取って、求められているニーズに対して最適なコンテンツを返すことです。

 熟知した知識や、専門性の高いコンテンツが求められていれば、それを適切な形で返す。

 一方で、口コミ系のサイトやレビュー系のサイトのように、熟知した知識よりも使用感が求められている場合は、そういったコンテンツを返していく。

 こういった臨機応変なコンテンツの返し方が非常に重要となります。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事