ネットビジネスの情報販売ってまだまだイケるものですか?もう古いですか?

ネットビジネスの情報販売ってまだまだイケるものですか?もう古いですか?

.

情報販売に関しては、イケるどころかまだまだ伸びているというのが正直なところです。参考にしてみて下さい。

イケるどころか、まだまだ伸びている市場です。

「ネットビジネスの情報販売ってまだまだイケるものですか?もう古いですか?」とのことですが、情報販売に関しては、イケるどころかまだまだ伸びているというのが正直なところです。

「情報販売」という言葉が何を意味するのかにもよりますが、

・怪しい詐欺みたいな情報商材を売ることを情報販売だと言う。
・ちょろっとやったらボロ儲けのようなPDFを売るビジネスのことを言う。

 こういった観点から言えば、「情報販売」は、なかなか厳しいものがあると言えます。このビジネスに将来性があるかと言えば、基本的には無いでしょう。

 一方で、前述のような狭義でいう「情報販売」ではなく、形の無いデータやコンテンツを販売していくビジネスに関しては、

・今後ますます伸びていく。
・どんなビジネスでも取り組まないと産業が成り立たなくなる。

 こうしたことが言えます。

Amazon自体が情報販売会社になっている現状。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、基本的に情報販売というものは、今後避けて通れないもの。いわゆるネットビジネスに限らず、どの事業者(たとえメーカー)であっても、今後取り組んでいかないとキツくなるもの。情報を付加しないとものが売れない時代になっていくことが予想できます。

 例えば、AmazonのKindle(電子書籍)。Kindleストアには数百円で買えるものから、中には2,000円前後の書籍も用意されています。

 電子書籍がそれほど普及するまでは、こうした無形のコンテンツにこれだけの値段を支払うことに抵抗を感じていた人も、最近ではごく普通にデジタルデータに対して料金を支払うようになっています。

 まさにAmazon自体が情報販売会社になっているわけですが、

・この抵抗感は今後ますます無くなっていく。
・デジタルデータを購入することが、より一般的な行為になっていく。

 こうしたことは容易に想像できます。

 こうした背景からも、情報販売は今後ますます伸びていく市場。どんなビジネスでも力を入れて取り組まないと産業が成り立たなくなると言えます。

 参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-09-25 | Posted in Amazon, ネットビジネス, 情報商材、塾、教材Comments Closed