一対多数の状況を作り出す以外にネットビジネスの良さってありますか?

一対多数の状況を作り出す以外にネットビジネスの良さってありますか?

.

それ以外にも、ネットビジネスには様々な良さ(メリット)があります。参考にしてみて下さい。

ネットビジネスは、マイクロ法人と相性が良い。

「一対多数の状況を作り出す以外にネットビジネスの良さってありますか?」とのことですが、確かにネットやネットビジネスの原理として「一対多数という状況を作り出せる」。こういった要素もあります。

 ただし、それ以外にも、ネットビジネスには、様々なメリットがあります。

 例えば、ネットビジネスには、一人株主や一人経営者といったマイクロ法人と非常に相性が良い(強い)という側面があります。

 ネットビジネスとマイクロ法人が非常に相性が良い理由として、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、一つは国民生活金融公庫などから、比較的簡単に、それなりの融資を引っ張ってくることが出来る、という点があります。

オフラインではハードルが高い売上であっても…。

 これは、

・ある程度、集客が完了しているヤフオクやAmazonというプラットフォームの存在。
・それによってビジネスの素人でも個人商店レベルの売上を比較的簡単に作り出すことができる環境

 こういった条件が揃うからこそとも言えます。

 オフラインではそれなりにハードルが高い売上額も、ネット(特に集客力のあるプラットフォーム)を組み合わせることで、比較的簡単に達成できてしまう。

 こういった状況があります。

拡大せずに、小さくビジネスをやっている限り…。

 また、これも別のよくあるご質問で紹介しましたが、オフラインのビジネスとは異なり、ネットビジネスは、ネットショップなどそのビジネスモデルによっては基本的にランニングコストがゼロ(か限りなくゼロに近い数字)になるものもあります。

 そのため、

・拡大思考を持たない。
・テレビ広告打つなどスケールをしたいと思わない。

 そうやって、あくまで小さくマイクロ法人レベルでビジネスをやっている限り、僅かな維持費さえ稼げれば、十分に商売を成り立たせることができてしまう。これも、一つの側面と言えます。

 ここで紹介したのはあくまで一例ですが、参考にしてみて下さい。

 なお、この辺り、無料公開中の漫画の中でも詳しく紹介しています。併せて参考にしてみて下さい。



漫画(全編)を読んだ方のご感想:


回答者プロフィール:岩松勇人(いわまつはやと)

株式会社NIC 代表取締役。脱サラ失敗から2億を稼ぐ社長に。現在は、楽天市場、DeNAショッピング(ビッターズ)、ネットショップなど。複数の販路展開して物販事業を拡大中。


 副業の疑問や質問をキーワードで検索する。

関連記事

2015-08-29 | Posted in ネットビジネスComments Closed